FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グリーン・ホーネット
 ロサンゼルスの新聞社のオーナーの一人息子で放蕩三昧のブリットは、父ジェームズがスズメバチに刺されて急死した。そこで、急遽社長となったブリットだった。ジェームズのお抱え運転手のカトーと、彼の評価を巡って意気投合した。するとカトーはジェームズのコレクションであるスーパーカーを改良し、装甲車のような装備をもったブラック・ビューティーをハイテクで固めていた。また、様々な武器の開発もカトーが一人でやっていた。そこで、二人はジェームズの偉業をたたえた銅像の首を切り落とした。すると、町のチンピラたちに絡まれたが、カトーの空手で撃退してしまう。すると、ブリットはこれからは、悪人の振りをしながら、悪人退治をしようと提案し、自らの新聞に大々的に取り上げるよう命令する。そして、名前を「グリーン・ホーネット」にした。そこで、カトーを新聞社の役員待遇にし、応募してきた秘書のレノアの意見も入れて、グリーン・ホーネットの活動を積極的にすすめた。そしてロスの町を仕切っている悪の頭目チュドノフスキーから狙われる。さらに、父親の代からの知り合いの検事スカンロンが不甲斐なさが悪をのさばらすこととなるという記事への抗議あった。すると、ひょんな事からジェームズの秘密をしったブリットはチュドノフスキーともども悪の根絶に立ち上がる。
 かつてのTV版ではカトー役にブルース・リーが出ていた。そうした、60年代を意識し、見た目は古いスーパーカーのブラック・ビューティーやコスチュームもグリーンのコートやソフト帽を被っていても、ハイテクは盛りだくさん。ただ、金にあかせてブラック・ビューティーを数台作ったり本当の主人公はカトーではないかと思ってしまう。それというのも、あまりにもブリットが頼りなく、秘書のキャメロン・ディアスとの恋も成立せず、やっとこさっとこ悪を放逐することはできるのだが、これもカトーの活躍に負うとこが大である。単純な正義のヒーローものではないということもあって、若干ちぐはぐさが目に付いた。
それと、新聞社のオーナーということなのだが、現在のアメリカの新聞業界はネットに押され経営が大変な状況にあることから、ここでもちぐはぐ感は否めない。


監督:ミシェル・ゴンドリー
出演:セス・ローゲン、ジェイ・チョウ、キャメロン・ディアス、クリストフ・ヴァルツ、トム・ウィルキンソン、デヴィッド・ハーバー
2011年米映画     上映時間:119分
スポンサーサイト

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。