FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
美代子阿佐ヶ谷気分
1970年代漫画家の安部慎一と美代子の同棲していた時代に描かれた短編の漫画が原作。いわば私小説漫画を映画化したもの。当時、注目された漫画誌ガロに連載された安部の作品は、わずか4ページで台詞のない作品もあった。安部は美代子をモデルに裸の写真を撮り、それを手本に作品を描くというスタイルをとっていた。そんな安部をとりまく作家志望の川本や池田との交流、さらには美代子が働くスナックの同僚真知子との浮気などが描かれる。ただ、真知子との現場を見られた安部は美代子に気がある川本とのSEXを強要する。こうしたなかで、次第に心の均衡を保てなくなり、酒に依存していく。正式に結婚した安部と美代子は子どもにも恵まれるのだが、得たいのしれない宗教にのめりこみ、ついに統合失調症を発病する。すると、美代子が生活面で全て切り盛りし、安部を支える。そんななか久しぶりに描いた作品をガロの編集者松田が手にとり、掲載を約束する。
 70年代のある種アナーキーな時代、上村一夫の「同棲時代」という劇画もあった。そんな、社会的背景もあってフーテンなどの若者も確かにいた。一方、学生運動も70年安保決戦を掲げ高揚しよど号事件を起こした赤軍派が注目された。これに対抗しようと三島由紀夫は盾の会を結成し、自衛隊市ヶ谷駐屯地に決起を訴え自決するという事件もあった。こうした社会の動きから、安部たちもけっして無縁ではないのだが、そんなところはおくびにもださないという、この作品はいまいち物足りない。


監督:坪田義史
出演:水橋研二、町田マリー、本多章一、松浦祐也
2009年日本映画  上映時間:86分
スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。