FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
ダ・ヴィンチ・コード
 パリで講演をおこなっていたハーバード大学の宗教象徴学教授ロバート・ラングドンに、フランス警察が訪ねてきた。その日、合うことになっていたルーヴル美術館長ジャック・ソニエールが殺害されたというのだった。しかも、ルーヴル美術館のなかでの事件であった。現場に急行してみると、ソニエールはウィトルウィウス人体図を模した形で死んでいた。警察は、ラングドンの事件に対する見解を聞きたいと、協力を要請したものの、容疑者として疑がっていた。そこに、司法警察の暗号解読官であるソフィー・ヌヴーがやって来た。彼女はソニエール館長の孫でもあった。彼女の申し出により、危機を脱したラングトン。ソフィーは祖父が残した暗号をラングドンに協力してもらい解明しようとしていた。こうしたなかで、ラングトンはソフィーとともに警察
に追われる事になってしまう。ソニエール殺害には、「オプス・ディ」カトリック教会の組織が関わっていた。かれらはソニエールたちのシオン修道会という組織によって秘匿されたといわれている聖杯の秘密を追っていたのだった。
 ラングトンとソフィーは警察に追われながらも、次々にソニエールの残した暗号を解読し、聖杯につながる地図を隠した暗号機を手に入れラングトンの旧友で大富豪のリー・ティービングの家を訪ねるのだった。ティービングも、聖杯の行方には並々ならぬ興味を持っていたのだった。彼は、ダヴィンチの最後の晩餐に関わる秘密に触れ、マクダラのマリアがイエス・キリストの妻だったと言うのであった。そして、聖杯を求め自家用ジエット機でラングトンらは、イギリスに向かうのだった。
 テンポはいいのだが、非キリスト教徒にとって、原作を読んでいないと、わかりづらいところがあると思った。そこで、「パッション」と「最後の誘惑」を思い起こすと、マグダラのマリアはやはりキりストの妻だったのではなかろうかと思った。ダヴィンチの作品がうまく使われていると思ったが、ラングトンの謎解きが、画面に文字がぞろぞろと流れて、すぐに解ってしまうのだが、逆にそらぞらしい感じがした。  

    
監督:ロン・ハワード
出演:トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、ジャン・レノ
2006年米映画 上映時間150分
スポンサーサイト



テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -