FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
ロビン・フッド
 12世紀末イングランド王獅子心王リチャード1世の率いる十字軍遠征隊は10年にも及ぶ戦いからようやく帰途につき、フランスとの戦いをおこない、ある城攻めおとそうとしていた。この遠征部隊に、弓の名手がいた。彼はロビン・ロングストライドといい、勇猛果敢な働きをしていた。その戦いの最中、リチャード王はフランスの城から放たれた弓矢にあたり戦死してしまった。王冠だけは先にイングランドに持ち帰らなければならず、騎士のロバート・ロクスリーの一行が直ちに行動を起こした。しかし、リチャードの弟ジョンと乳母兄弟のゴドフリーがフランス王の命を受けロバートたちを待ち伏せ、王冠を奪おうとしていた。そこに、ロビンの仲間4人が通りかかり、王冠を手にし、ロバートの身代わりとしてイングランドに帰還した。そして、ロバートの故郷ノッティンガムに向かった。そこに待っていたのはノッティンガムの領主でロバートの父親ウォルターとロバートの妻マリアンだった。イングランドはリチャード王の十字軍遠征で疲弊しきっていた。しかし新しく即位したジョン王はゴドフリーを重用しさらなる重税を国民に課そうとしていた。一方ロビンはウォルターの提案でロバートの身代わりとなるのだった。やがて、ジョン王の過酷なやり方に反発する各地の領主たち。それは、フランス王にそそのかされたゴドフリーの策略だということが判明し、各地の領主たちと共に立ち上がるロビン。そして、彼の父との熱い思いがよみがえり、フランスとの戦いに赴くのだった。
 かつてのロビン・フッドのイメージを一新させるスペクタクル。さすが、グラディエータ-のリドリー・スコットとラッセル・クロウのコンビ。マックス・フォン・シドーやウィリアム・ハートは歳を重ね渋さも出ていて好演。エリザベスを演じたケイト・ブランシェットもがんばっており、楽しめた。ただ、後半マグナカルタを提起するあたりから、ロビンを再び名乗るあたりは、少し説明不足かなと思った。それと、ロビンといえば弓なのだが、見せ場はあるが、もの足りなさを感じてしまった。  


監督:リドリー・スコット
出演:ラッセル・クロウ、ケイト・ブランシェット、ウィリアム・ハート、マーク・ストロング
2010年米・英映画  上映時間:148分
スポンサーサイト



テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -