FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
孤高のメス
 勤務していた病院で倒れた看護師の浪子は、そこの病院では対処できないということで、あちこちたらい回しの結果亡くなってしまった。その葬儀の際戻ってきた医師をしている一人息子の弘平は、母浪子の古い日記帳を見つけた。1989年の日記には、離婚して幼い弘平と二人暮らしのなか、仕事の愚痴がこぼしてあった。それが、ある日から変わってきたのだ。それは、浪子が当時勤務していたさざなみ市民病院に、当麻鉄彦という一人の外科医が就任した日からだった。当麻は着任早々、市内の病院から虫垂炎と誤診され、手術途中で回されてきた患者に対して緊急オペをおこなった。それは、浪子も目を見張る程鮮やかで、正確な手際だった。それは、これまでこの病院に勤務する京葉大学からきている医師たちの反発を招いた。彼らは慣例だけを重んじ、医療事故を恐れ何かあればすぐに京葉大学に搬送するというのが野本ら京葉大学のグループだった。しかし、当麻は何よりも患者の立場にたっていた。当麻の下でオペの道具を手渡す仕事をし、次第に当麻の人柄に打たれ勉強をするようになった。こうした当麻を信頼していた市長の大川が議会中に吐血して病院に運ばれてきた。大川は末期の肝硬変で、移植しか助かる道はなかった。心配する娘や親族だが肝臓移植には当時はまだハードルが高かった。しかし、親族からの移植は難しいという結論であった。すると、浪子の隣家で小学校の教師武井静の一人息子で大学の進学が決まった誠がトラックに轢かれて運ばれてきた。しかし、誠は脳死状態で回復の見込みはなかった。そんななか、静は当麻と浪子に生体間移植の申し出をおこなう。当時はまだ、法律的には問題があった。まだ日本では例のない事だが、当麻は移植の決意をする。すると野本らは警察やマスコミにこの事態を触れ回るのだった。
 現在では、脳死状態で直接本人の意志を確認することもなく、移植が日常的におこなわれることになっている。しかし、この映画の舞台となった1989年頃は、様々な制約があった。こうした中で医は仁術という患者本位の医師が主人公で、文字通り孤高の医師を堤真一が好演している。また、母子家庭で看護婦として頑張っている夏川結衣もよかった。手術場面の大胆に見せており、よりリアリティがあった。最後の場面もなかなか趣があった。


監督:成島出
出演:堤真一、夏川結衣、吉沢悠、中越典子、生瀬勝久、柄本明
2010年日本映画   上映時間:126分
スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。