FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
それでもボクはやってない
 フリーターの金子徹平は、会社の面接を受けるため、朝の通勤電車に乗っていた。しかし、履歴書を持ってきたかどうか、不安になり途中の駅で降りて、リュックを開けてみたが、やはり入っていなかった。それでも、引き返すと約束の時間に間に合わないので慌てて、やってきた電車に駅員に押し込まれて乗りこんだ。乗り換えの岸川駅で電車を降りると、後ろから女子中学生に声をかけられ「痴漢したでしょ」と言われたのだ。「痴漢」とびっくりして聞き返すと、大柄な乗客と駅員が話しに入り込み、事情は事務室で聞くということになった。徹平は「俺は何もしていない」と主張するが、まともに事情も聞かない。そこに徹平の隣に立っていた女性乗客が、事務所に立ち寄り「この人はドアに挟まった上着をとろうとしていて、痴漢はしてません」と言いにきてくれた。だが、駅員は後で聞きますとドアを閉めてしまった。あわてて、その女性を事務所に入れようとした徹平だったが、ドアの外にはもう誰もいなかった。駅員は女子中学生の訴えを聞き入れ警察に通報、連行された徹平は、いきなり、お前は逮捕されたんだと手錠をかけられ、犯人扱いされる。「何もしてない」と主張する徹平の言葉など、はなから無視し、早く認めて、示談にすれば罰金で自由の身になれるんだと刑事は言う。「何もしてない」と否認すると、それでは拘留ということで、留置所に入れられてしまった。留置所のなかで、ただで当番弁護士を呼んでもらえることを同房の男から聞き、早速来てもらった。「やってない」と言う徹平に対して当番弁護士は、「それは、わかるが裁判で決着ということになれば、すくなくとも3月は出られないし、裁判で勝てる保証はない。できれば、示談ですませた方がいいんじゃないか」と言うのだった。でも、「ぼくはやってないんだ」と主張し、検察官の取り調べでも否認すると、それでは起訴ということになった。そこで、上京してきた母と親友の斉藤ともども、ツグミ法律事務所の荒川、須藤弁護士を依頼し法廷での闘いになるのだった。
 「Shall We ダンス?」以来11年ぶりの周防監督の作品。あと二年で導入されようとしている裁判員制度を前に、現行の司法制度の現状をしっかり描いている。ていねいに描かれた司法の現実を知ると絶望的になってしまう。この国では、起訴されれば99.86%の有罪率という異常な司法の実態が指摘されている。さらに、数多くの問題点もあげられている。たとえば、逮捕されてから警察の留置場に拘留され、起訴された後も引き続き留置所というのも本来は拘置所に移送されなかればならないのだが、日本では依然として代用監獄として留置所が使われている現状がある。さらに、人質司法ともいわれている起訴事実を否認すれば、大抵保釈を認めないという実態がある。また、証拠も検察が独占的に持っており、そのすべてが弁護士や被告には開示されておらず、弁護士はいったいどんな証拠があるのかということを推量しなくてはならないという現状なのだ。それに、何と言っても裁判そのものは、司法試験に合格した裁判官、検察官、弁護士が中心で専門用語をいっぱい駆使して専門的に進めていくのだ。そして、この国の裁判は決して真実を求めるのではなく、検察側の示した有罪の立証をどう弁護側が崩し、それによって量刑が決定されるということなのだが、やってないことを証明することはたいへん難しいことと裏腹の関係にあるということなのだ。
 こうした現行の司法の現状を、実によくわかりやすく作っているのが本作品だ。さすが、周到な準備と勉強の成果がよく出ていると思った。最近の、日本映画は数だけは多くなっているが、内容的にはろくな準備も勉強もせず作っている状況が目立っており、ひどい作品も多く粗製濫造という傾向がある。しかし、力量のある監督が充分な下準備をして、製作すればやはりいい作品になるということを、この作品は実証している。そういう意味で、久しぶりにいい作品を観ることができた。

監督 周防正行
出演 加瀬亮、瀬戸朝香、役所広司
2007年日本映画 上映時間143分
スポンサーサイト

テーマ : それでもボクはやってない
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。