FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
告白
 かつて、湊かなえの原作を読んだが、どうにもラストに違和感を覚えた。しかし、映画の方はいろいろな解釈のできる余地を与えていた。こちらのの方がよかった。
 物語はとある郊外の中学校の終業式の日、1年B組は喧騒で担任の森口悠子の声に集中していなかった。しかし、「私はこの3月で教師を辞める」というところから、徐々に皆が彼女の話に耳を傾けはじめた。そして先月、この中学校のプールで亡くなった森口の一人娘愛美のことを話し始めた。彼女の告白は「愛美はこのクラスの二人の生徒に殺された」というものだった。そしてその二人をAとBと呼び殺害の方法を解き明かした。しかし、彼らは少年法によって保護され、けっして厳罰には処されないという現実から、真相は警察にも話さないと森口は言う。そして、カリスマ的な人気のある熱血先生こと桜宮正義が森口のパートナーであり、現在HIVを発症したため、結婚しなかったという。そして終業式当日クラスで飲んだ牛乳パックに桜宮の血液を混入させたと言い残し、教室を去る森口だった。二年に進級した彼らはクラス替えもなく、担任が寺田良輝に変わった。しかし、森口に名指された少年Bこと下村直樹は不登校になり、HIVの恐怖に日々さいなまれ母親に当たっていた。一方、少年Aこと渡辺修哉は学校に来ても毎日「人殺し」と言われいじめのターゲットにされていた。しかし、ある日彼の捨て身の行動によって、いじめを封じこめることができた。そして、学級委員長の北原美月と密かに会うようになった。やがて、修哉が愛美を殺した動機が明かされ、その原因が彼の母親との関係にあったことだった。
 原作でも、一人称で語る「告白」によって構成されていたが、映画もこの方式で描かれる。それで、メインは復讐劇なのだが、少年法で保護される子どもたちに対しても何らか報復をしたいということなのだろうか。でも、当初のHIVの血液混入も含め子ども相手に大人げないという感じがした。それもあって最後の結末もあの通りとも限らないという気がした。いかに元教師とは言え、深夜に中学校に入ることなど、現在では無理ではないだろうか。それにしても、携帯電話にのめりこみいじめも堂々とやっているという場面は、どれほど今を写しているのだろうか。それと、修哉は愛美をはじめ直樹さらには美月に対する振る舞いはただ思い上がった子どもというだけでは理解しずらい。


監督:中島哲也
出演:松たか子、岡田将生、木村佳乃
2010年日本映画  上映時間:106分
スポンサーサイト

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。