FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プレシャス
 1987年アメリカのハーレム、16歳のアフリカ系の女の子プレシャスは肥満体で、口数も少なく勉強もあまりできない。家で母親と二人で暮らしているのだが、母親もまた肥満体で家事もプレシャスにさせて、自分は煙草を吹かしテレビを見ているだけだ。少しでも気に入らないと手当たり次第に物を投げつけるという虐待を繰り返していた。しかも、生活保護を受け全く働かないのだ。母親がそんな生活をしているのには、実は理由があった。それは、プレシャスにはすでに子どもがいた。父親はプレシャスの実の父親だった。プレシャスは実父にレイプされて女の子を産んだのだった。しかし、その子はダウン症ということもあって、養護施設で暮らしている。そして、現在再びプレシャスは父親の子を身ごもっているのだった。父親は家を出ており、母親のメアリーは夫を娘に奪われたと思い、プレシャスにつらく当たっていた。ミドルスクールでは、二人目の妊娠ということもあって、退学をさせかわりにフリースクールを紹介してくれた。そこには、様々な問題を抱えた子どもたちが通っていた。プレシャスはやさしく辛抱強く教えてくれるレイン先生が気に入っていた。プレシャスは二人目の子どもを出産し、子どもと家に戻ると、母親からいきなり暴力敵な虐待を受け、子ども共に家を出てしまう。頼れるのはレイン先生しかなかなく、彼女の紹介でひとまずは、一時避難所のようなところに落ち着くことができた。そうしたなかで、ソーシャルワーカーに事情を説明し母親も呼び出され、これまでの経過を説明することになった。するとプレシャスの父親はHIVで死んでしまったという。検査を受けるとプレシャスもまたHIVに感染してたキャリアだったこともわかる。
 両親からの虐待、性的虐待という過酷な環境で唯一、プレシャスの心のよりどころは、一瞬の空想を思い描くことだった。それでも、フリースクールで学び字を覚えていき、自立しようとする姿に勇気付けられた。それにしても、暴力、麻薬の蔓延する中でDVをはじめとした理不尽なことが日常茶飯事というなかで、言葉も卑猥で汚く罵り、すぐに暴力というなかで、過酷な境遇があまり自覚できないなかで、ようやく文字を覚えることによって自らを客観視できるようになって、ようやく独り立ちしていこうという姿がよかった。ただ、80年代の話なので経済状況の悪化の下、社会福祉も切り捨てられた今、アメリカの現状がどうなったのか気にかかるところだ。


監督:リー・ダニエルズ
出演:ガボレイ・シディベ、モニーク 、ポーラ・パットン、マライア・キャリー
2009年米映画  上映時間:104分
スポンサーサイト

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。