FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人生に乾杯
 1950年代ハンガリーは社会主義政権下になった。そこで共産党主導で、貴族の邸宅の捜索をおこなっていた。そんな時、党の運転手をしていたエミルは、ある伯爵の家の捜索に同行していた。屋根裏を見てこいという命令で行ってみると、上からうら若い女性が落ちてきた。その家の令嬢へディだった。とっさにエミルは彼女を屋根の上に隠した。何とか匿い、その後二人は結ばれたのだった。共産党政権も崩壊した現代、年金暮らし夫婦はエミル80歳とヘディ71歳になっていた。しかし、生活は困窮し、電気代の支払いにも困っていた。借金取りをなんとかやり過ごす日々だったが、とうとうエミルの大事にしていたダイヤのイヤリングを借金のかたに差し出してしまった。それを契機に、エミルは共産党時代の愛車チャイカを久しぶりに動かすのだった。そして、向かった先は郵便局だった。そこで、持っていったトカレフをちらつかせ窓口の金を奪った。警察は防犯カメラに撮影された銀行強盗の模様がテレビでも放映された。すると、それを見た高齢者たちは、自分たちも年金生活は苦しいと立ち上がったのだった。警察とともにへディはエミルも指定した場所に向かうが、エミルの運転するチャイカは警察を振り切り逃げてしまう。その後、因縁のイヤリングを奪い返し、逃げていった。その後、旧友のキューバ人の元へ行き、彼も伴って次の強盗成功させた。警察の包囲を振り切り、その際負傷した女性警部補も抱え、さらに逃亡を続けた。そして、向かったのは青年の頃事故で亡くした一人息子の墓だった。そんな二人を警察の包囲網が近づくのだった。
 何と高齢の「ボニーとクライド」だがお国柄も出ている。ハンガリーはあまりなじみのない国だが、旧ソ連圏ということもあって、おそらくは共産党時代は年金暮らしといっても、現代のような困窮はしなかったに違いない。まして共産党関係者なら、なおのことと言えよう。しかし、時代の流れは厳しい現実として現れる。二人の若かりし頃のエピソードが冒頭と最後に出てくるが、時代や政治体制を越えて若い二人が惹かれあう様がよかった。それと、老夫婦の望んだ海を見たいというシーンを想像させる粋な終わり方もよかった。些末な詮索はあろうかと思うが、そこはそれ大様に構えて観るに限る。


監督:ガーボル・ロホニ
出演:エミル・ケレシュ、テリ・フェルディ、ユディト・シェル、ゾルターン・シュミエド

2007年ハンガリ-映画  上映時間:107分
スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。