FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/12
≪11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   01≫
狼の死刑宣告
 投資会社で副社長のニックは二人の男の息子と妻の4人暮らしだった。上の息子ブレンダンは高校のアイスホッケーの選手として嘱望されニックの自慢だった。一方、弟のルーカスはどうしても兄と比べられ素直にはなれなかった。ある日ブレンダンの試合の観戦に行き、帰宅途中でガソリンがなくなったので、スタンドに立ち寄ったところ、たまたまそこにギャング団と遭遇し、ブレンダンは殺されてしまった。その犯人は、少年でギャング団に入るための度胸試しに殺しをやらされたのだった。少年は警察に捕まるが、警察と検察は司法取引をすれば数年の服役をさせることが出来るが、そうでなければ無罪になるかもしれないと言われた。裁判所では、ニックはあいまいな証言しかせず、少年は無罪で釈放されてしまった。ニックの家族も皆悔しがるが、どうにもならない。そんな思いのなか、ニックは少年を追尾し仲間のギャング団たちの動向を探り、少年の家を突きとめた。車の中で待っていて、復讐なんてと思った矢先少年と遭遇し弾みで彼を殺してしまった。しかしその少年はギャング団のボス、ビリーの弟だった。すると、今度はギャング団たちがニックの家へ押しかけ、暴虐の限りを尽くすのだった。それで、妻は死にルーカスも意識不明で死線をさまよい、ニックだけが奇跡的に一命を取り留めることが出来た。すると、ニックは病院を抜け出し、銀行で有り金を降ろし銃やショットガンを大量に買い込むのだった。そして、ビリーの待つアジトに単身乗り込むニック。
 かつてのチャールズ・ブロンソン主演「狼よさらば」のリメイクらしい。見たかもしれないが、記憶にない。ただ、日本のヤクザ映画のように一応筋者対筋者という構図でもなく、素人が銃の扱いを取り扱い説明書を読んで殴り込みに行くというあたり、破れかぶれなあたりは確かに大時代だと思った。それと、殴り込む時髪を坊主刈りにしたのは、結局殺しにいく連中と同じ地平に堕ちていくという意思表示だったのか。銃器を売っていた太ったおじさん、彼とビリーの意外な関係もおもしろかった。


監督:ジェームズ・ワン
出演:ケビン・ベーコン、ギャレット・ヘドランド、ケリー・プレストン、アイシャ・タイラー
2007年米映画  上映時間:106分
スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -