FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~
 戦後の混乱期、中野の居酒屋椿屋から逃げ帰ってきた大谷の家に椿屋の吉蔵夫婦が駆け込んできた。対応したのは大谷の妻佐知だった。聞けば年末の資金5000円を大谷が奪って逃げたのだという。今すぐ返さなくては、警察に訴えるというのだ。大谷は、金はもう使ってないが明日には払うというのだった。翌日、佐知は椿屋に行くが、支払う金などなく、幼い息子を店の奥で遊ばせながら、借金のかたに自ら働いて返済すると言う佐知。困惑する吉蔵夫妻だが、早くもやって来た客は佐知が美人で愛想もいいので評判になり客が大勢集まるのだった。そんななかクリスマスのマスクと帽子を被った大谷がやって来て、同伴した女性が5000円を吉蔵に返えしたのだった。しかし、聞けば大谷はこの椿屋に2万円ほどの借金があると聞き、佐知は引き続きこの店で働くことにする。吉蔵も佐知が来てから客が増えたこともあり、願ってもないことと喜ぶのだった。大谷は文壇では有名な小説家なのだが、破滅志向で死にたいと言うのが口癖のようになっていた。一方、椿屋には岡田という旋盤工が佐知に惚れて通っていた。岡田は元はと言えば、大谷の小説のファンでこの店にいれば、大谷と会えると思って通っていたのだった。大谷は毎晩のように飲み歩き、愛人もいた。しかし、佐知が椿屋で評判になり、岡田が毎晩同じ電車で送って帰るということを聞き嫉妬する大谷。そもそも佐知と大谷が結婚したのは、かつて佐知が思いを寄せていた司法試験を受けるため苦学していた辻という男性がいた。佐知はその頃、喫茶店で働いていて、辻が寒そうにしていたので、マフラーをプレゼントしたいと思い百貨店にいったのだが、高くて買えず、出来心から万引きをしてしまい、警察に連れて行かれた。しかし、佐知はこれまで正直に生きてきたのだから、今回は見逃して欲しいと主張した。こうしたやりとりを見ていたのが、大谷で彼女に変わって代金を払い、上手く納めたことで知り合って結婚したのだった。そんな辻は現在は弁護士となっていた。いっぽう、自堕落な生活を続けている大谷は、かつてから知り合いの女性秋子と一緒に死のうと、水上に行き谷川岳の麓で二人は心中を図るのだった。
 太宰治をモデルにしたような破滅志向で放蕩を繰り返す大谷と健気で献身的な美人の妻佐知。冒頭大谷の子どもの頃の描写で「鉄環回し」で地獄行きを示されたことが出てくる。それにしても、当時不治の病と思われていた肺結核にも侵され、ひたすら死にたいと思っていた大谷。他人と話す時は酔ってなくてはだめだというシャイな大谷だが、こんな雰囲気を見事に出し切っていた浅野忠信。かたや献身的だけども芯は強い妻を演じきった松たか子もよかった。ただ、戦後の貧しい住宅事情もあるが、妻夫木演じる岡田が大谷の家の手水機の前で強引に佐知にキスをする場面があったが、どうしても目の前の便所が気になった。当時は当然くみ取り式だから、そこはかとない臭気はあって当たり前。そんなこと思い起こさせるような場面でもあった。はたして、ラストに食べた桜桃は何を意味しているのだろうか。


監督:根岸吉太郎
出演:松たか子、浅野忠信、室井滋、伊武雅刀、広末涼子、妻夫木聡、堤真一
2009年日本映画  上映時間:114分
スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。