FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
NINE
 1965年ローマ映画監督のグイドは新作「イタリア」の制作を発表する。しかし、過去の名作を創ったグイドだが、現在は極度のスランプに陥り、シナリオの1ページ目も思い浮かばず記者会見も早々に切り上げ逃げ出す始末だった。小型のスポーツカーを駆ってたどり着いたのは、とある温泉地のホテルだった。しかし、フロント男にはすぐにグイドであることがばれてしまった。妻に電話し、心配する妻を適当にいなし、愛人のカルラを呼び、医者に往診に来てもらった。そして、自らが泊まっているホテルでは身元がばれているので小さなペンションにカルラを泊まらせ、そこに赴くグイドだった。翌日、プロデューサーのリリアンが映画のスタッフを引き連れホテルにやって来た。心身に不安を抱えているグイドは、幼年期の思い出をたどりながら、打ち合わせに集中し、あわせて疎遠だった妻ルイザが突然訪問したことで動揺する。すると、折り悪くカルラもホテルにやって来たのだった。激怒するルイザをなだめ、彼女に謝ろうとした際、カルラが自殺未遂をしたという一報が入った。そして、彼女の夫も現れ、ルイザとの関係も決定的に切れてしまう。さらに現在の作品の主演女優クラウディアからもあいそがつかされ、結局イタリアの制作は中止となる。 1963年に制作された フェデリコ・フェリーニの「81/2」の主人公の監督がグイドという名でマルチェロ・マストロヤンニが扮していた。ダニエル・デイ=ルイスが扮したグイドは明らかにこのグイドを下敷きにしている。そして、このマストロヤンニと共演し64年のアカデミー賞外国語映画賞を受賞した「昨日、今日、明日」に出ていたのがソフィア・ローレンで、今回はグイドの母親役で出演している。ニコール・キッドマンは言わずもがなだが、ペネロペ・クルスは一番はまり役だと思った。ただ、アカデミー賞受賞者がたくさん出ていることもあって、けっこうそれぞれの出番とかも気を遣っているような気がした。それでも、フェリーニなり81/2になりに何か秘密があるのだろうか。81/2は冒頭にキリスト像をヘリで運ぶシーンだけは鮮明に覚えている。それと、オープンカーを乗り回すシーンも覚えている。あまりに古くいくら記憶をたどっても、わからない。ただ、かつては違和感はなかったが、今回の作品の煙草を次から次へと吸っているのはやり過ぎだと思った。この作品は作品の中で言っているように、ペネロペ・クルスとかニコール・キッドマンの歌と姿態に注目するのが一番か。


監督:ロブ・マーシャル
出演:ダニエル・デイ=ルイス、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、ケイト・ハドソン、ニコール・キッドマン、ソフィア・ローレン
2009年米映画  上映時間:118分
スポンサーサイト

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31