FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
南極料理人
 南極にあるドームふじ観測拠点は昭和基地から1000キロも内陸に位置し標高も3810mある。ここに合計8人の越冬隊員が1年を越えて滞在する。そのなかで、海上保安庁から派遣された調理担当の西村をはじめ気象学者の隊長、雪氷学者の本さん、雪氷サポートの兄やん、車両主任の主任、通信担当の盆さん、大気学者の平さん、ドクターのメンバーだ。西村は元々同僚の鈴木が参加予定だったが、事故で急遽交代することになった。家では妻と娘の3人家族だ。舞台の1997年の南極は、残された家族との連絡は電話とファックスしかなかった。ドームふじ観測拠点は内陸のため、ペンギンもアザラシもいない。さらに、零下30度前後のためウィリスすらも存在しない。しかも、材料は冷凍や乾燥したもの缶詰などだ。水は周辺の雪氷を溶かして使うというものだった。普通の市民生活からはかけ離れた生活で、楽しみはどうしても食べものになってしまう。それと、麻雀、酒といったところだ。それでも、残してきた家族や恋人が恋しくて寂寥感にさいなまれている。こうしたなかで、些細なことでいさかいをする隊員や、夜インスタントラーメンを勝手に食べたりする。ただ、ラーメンは沸点が85度ぐらいのため、どうしても芯が残ってしまう。なかでも隊長はラーメンが大好物でつい食べすぎ、早々とラーメンが底をついてしまった。それからは、元気がなく、見かねた本さんがかんすいの代用にベーキングパウダーが使えるのではないかと西村に言い、さっそく麺作りがはじまった。
 狭い空間での集団生活における、食生活だけでも飽きのこないようにとの工夫が見受けられた。「かもめ食堂」以来、食べものを扱った作品が次々につくられている。これらの料理は、見ていてどうしてもおいしそうに思えてしまう。しかも限られた材料なのに見事な出来映えには目を見張ってしまう。ただ、人間模様については、どうしても限定されたものになってしまうのは仕方ないことだろう。


監督:沖田修一
出演:堺雅人、生瀬勝久、きたろう、高良健吾
2009年日本映画  上映時間:125分
スポンサーサイト



テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -