FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/12
≪11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   01≫
TAJOMARU
 室町時代、足利義政の頃管領職に就ける家のひとつ畠山家には信綱、直光の兄弟がいた。二人は大納言家の阿古姫と幼い頃より遊んでいた。そんなある日、畠山家に芋を盗んで捕まった少年がいた。その子どもに同情した直光は少年に桜丸という名を与え家来にした。成人した兄弟の前に現れた義政は、病で亡くなった大納言の娘阿古姫と結婚し大納言家にある金塊を差し出せば、次期管領にすると言う。阿古姫と婚約していたのは直光で、兄の信綱は自分を差し置いて管領にはさせないと息巻く。一方桜丸は、将軍義政の寵愛を受けており、信綱をけしかけて阿古姫を力ずくで我がものとするよう進言する。知らせをうけた直光は、捕らわれていた阿古姫を奪い、少数の手勢と逃げることになった。しかし、ここでも桜丸の裏切りにあい、直光は阿古姫と二人きりになってしまった。山あいの道で二人を待っていたのは、多譲丸と名乗る盗賊だった。多譲丸の持つ波切りの剣は名刀で直光の太刀をあっという間に折ってしまい、気を失っている間に縛られた直光に、多譲丸が阿古姫を我がものにしようと迫っていた。しかし、阿古姫は直光をすぐに殺して欲しいと言うのだった。あきれた多譲丸は逆に直光にあんな女はあきらめろという。その隙に逃げていった阿古姫。縄を解かれた直光は一瞬の隙を見逃さず、多譲丸を殺してしまう。すると、多譲丸はこれからはお前が多譲丸を名乗れと言い残して死んでいく。その後、道兼率いる盗賊の新たな頭目となった直光こと多譲丸。都の噂では畠山信綱が急死し後は弟の直光が継いだというのだ。そこで、再び都の畠山家に行くと意外な人物が待っていた。
 芥川龍之介の小説「藪の中」が原作だが、同じ原作で黒澤明監督の「羅生門」から影響を受けている。単純なリメイクではないが、どうしても比べてしまう。とにかく、シナリオがだめ、原作では人間の深層心理がいかにも不可解というところが描かれているのだが、映画ではちぐはぐ。所司代の取り調べについても、阿古姫は白州に座らされることはあり得ないと思う。さらに、映画を底の浅いものにしてしまった要因のひとつにキャステイィングもあると思う。小栗旬は一本調子だし阿古姫役の柴本幸もひどいの一言につきる。ちなみに彼女は柴俊夫と真野響子の娘だというのだけど。さらに、桜丸役の田中圭もひどいし、結局映画の主題についても何を言いたいのか理解に苦しむ駄作。


監督:中野裕之
出演:小栗旬、柴谷幸、田中圭、萩原健一、松方弘樹
2009年日本映画  上映時間:131分
スポンサーサイト



テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -