FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
奇術師フーディーニ 〜妖しき幻想〜
イギリスのエジンバラの劇場で霊能者として出演しているメアリー。助手は娘のベンジーが務めていた。しかし、彼女には元々霊能力などなく、娘と町を歩き劇場のお客に目を付け、その人の懐中時計をあらかじめ手に入れ、そこに刻印された文字などを頼りに、調査を徹底しておこなうのだった。そのため、図書館を利用し新聞を丹念にチェックする。また、貸衣装でいろんな人に変装しての調査をおこなう。そして、舞台当日ベンジーの力を借りながら、ある男性の妻が亡くなったことや、なくしたはずの時計が突如現れるといった仕掛けで、うまく注目を集め人気を博していた。しかし、盛況だった劇場がつぶれ、仕事をなくした親子は、墓場の側の小さな家に住むことになった。そんな時、世界的な奇術師フーディーニがアメリカからこのエジンバラにやってくるというのだ。しかも、その目的が真の霊能者によって、亡くなった母親の最後に言い残した言葉を言い当てよというのだ。その賞金は1万ドルだという。この記事に注目したメアリーは、フーディーニに近づこうとする。まんまと霊能者として近づけたメアリーだったが、ベンジーを使ってホテルへの侵入がばれてしまった。それでもフーディーニは、美しいメアリーに恋をしてしまった。それというのも、彼女は亡くなった母親とよく似ていたのだ。そんなフーディーニの姿にやきもきしているのがシュガーマンというマネージャーだ。彼はメアリーが偽霊能者であることを見抜き、金をくれるからフーディーニの前から消えてくれと懇願する。それでも、多くの新聞記者たちを集めて、霊能者メアリーによる金庫に納められた、フーディーニの母親の最後の言葉を言い当てる時がやってきた。しかし、メアリーは途中で止めてしまうのだが、変わって神がかりになったベンジーが口走った言葉が注目を集めた。
 フーディーニは19世紀に実在した奇術師で、水槽からの脱出や運河から手錠を外しての生還といったことで「脱出王」として注目を集め人気を博していた。また、当時人気のあった心霊術にも興味を持ち、インチキな霊能者にはその正体を暴くこともあったという。また、実際に母親との交信を希望していたという。こうした現実のフーディーニの姿をモチーフにつくられた作品である。日本では劇場公開はされなかった。とはいえ、この作品の一番の収穫は「つぐない」や「エンバ-」で出演し、最新作「ラブリーボーン」でも注目されているシアーシャ・ローナンの演技だ。この作品に出た頃はおそらく12、3歳の頃だと思うのだが、とてもよかった。


監督:ジリアン・アームストロング
出演:キャサリン・ゼタ=ジョーンズ 、ガイ・ピアース 、ティモシー・スポール 、シアーシャ・ローナン
2007年   上映時間:97分
スポンサーサイト



テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -