FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
3時10分 決断のとき
南北戦争が終わって間もない頃、西部に鉄道を引こうと工事が進められていた。そうしたアリゾナの地で小さな牧場を営んでいるダンは妻と二人の男の4人暮らしだった。彼の住んでいる牧場は干ばつで水不足だが、隣地の地主がダンの土地も狙っている有力者で配下の男たちにダンの馬小屋に火をつける。それは、ベンの借金をかたに土地を譲れという荒っぽい催促だった。ダンは息子と火事で逃げた牛を追って家を出た。すると、銃声が聞こえた。全速力で逃げる馬車を襲うベン・ウェイド率いる強盗団だった。彼らは護衛を皆殺しにして、金を奪っていった。それを目撃したダンは一人だけ負傷し生き残ったバイロンを連れて町に向かった。すると、町には昔の恋人に会って、一人だけ残っていたベンと遭遇するダン。そしてうまくベンを逮捕することができたのだ。しかしベンの逮捕を知った手下たちもベン奪還のための行動を起こした。このままでは、町が襲われるということで、急遽ベンを鉄道が通っている町まで護送して汽車に乗せるため出発することになった。とりあえず、ベンの家で食事をして出発することになった。ベンは200ドルの報酬を要求してこの護送団に加わることになった。しかし、ベンの手下たちも執拗に追っかけてくる。そこで先住民の居留区を抜けて近道をする一行。それでも、次々に襲う試練に護送団の数も減っていく。そんななか、皆のピンチを救ったのが、ダンの息子ウィリアムだった。なんとか駅のある町に着き、3時10分ユマ行きの列車に乗せるためシェリフに加勢してもらうことになった。すると、追いついたベンの手下たちは、護衛を殺せば金を出すと札束をちらつかせた。すると、町にいた食い詰めた連中が銃を手に包囲し始めた。するとシェリフたちは護衛を降りると出て行った。とうとう護衛はダンしかいなくなる。
 ひさしぶりに西部劇を見た。それでも、これも50年以上前の作品のリメイクだ。子どもと親の関係をクローズアップさせた点が変わっているらしい。懐かしいピーター・フォンダも出ていたが、歳をとったなと思ってしまった。
 悪に踊らされ銃を向ける大勢の住民。皆あきらめて出て行く中で、一人ダンだけが止まろうとする。そんなダンにある種の友情を感じ、自分が金をやるから妻子を楽させてやれと水を向けるベン。しかし、金よりも「男の誇り」にかけて敢然と行動するダン。すくなくとも息子には誇れる父と写った。こうした「古き男の美学」を描くには西部劇しかないのだが、最近ではほとんどつくられていない。こんな現状は寂しい限りと思っている。


監督:ジェームズ・マンゴールド
出演:ラッセル・クロウ 、クリスチャン・ベイル 、ベン・フォスター 、ピーター・フォンダ
2007年   上映時間:122分
スポンサーサイト



テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30