FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブッシュ
 つい最近、ブッシュ前大統領が来日した。オバマ大統領の来日前の露払いではないのだが、小泉元首相と同行して日本シリーズの始球式をやったそうだ。在任中は何かと話題になっていたブッシュ。彼の人となりをまとめた集大成といえる。この映画の原題がwなのだが、彼のミドルネームウォーカーを意味しているのだが、テキサスではwはダフ屋という意味もあるという。彼は、1966年名門エール大学に入学するのだが、アメフトの応援でハメをを外し警察に逮捕された。それでも、パパブッシュの力で釈放される。卒業後もパパのコネで石油会社に就職するが、現場仕事がきついので、すぐに辞めてしまう。それでも、女性には目がなく、妊娠させてしまうが、これもパパがもみ消してくれた。そんなWに対して両親は次男に期待している。そうしたなかで酒におぼれていったw。ますます両親から見放されるwだが、そうしたなかでキリスト教原理主義に救いを求め、ようやく断酒することができた。それから、彼は思い立って地元テキサスで下院議員を目指すがさんざんな結果になる。それでも、パパブッシュが86年に大統領選を目指すことになり、父の手伝いをすることになった。88年大統領に当選したパパに貢献したwだった。しかし、湾岸戦争を早期に収めたことで、2期目の当選が果たせなかったパパブッシュにwはフセインにとどめを刺しておかなかったことが敗因だという。そして、パパは自らの後継者に弟ジェブを据えようとして、フロリダ州知事選の応援に余念がなかった。しかし、wはテキサス州知事選に出馬すると言うのだ。困惑する両親を尻目に、着々と準備を進めた。結果は皮肉にも、wは当選し弟は落選ということだった。そして、wは次のステップとして大統領選に出馬するというのだった。接戦を制して、大統領となったwはパパブッシュの時の閣僚らを積極的に登用した。そして
、9.11を経て取り巻きのネオコンにそそのかされ、アフガンに進行を決定。さらに、CIAの不確かな情報を元に遂に父が成し遂げられなかったイラク侵攻を強行するのだった。
 大統領になってからの閣僚たち、ライスを始めチエィニー、ラムズフェルド等そっくりさんを起用している。逆に、こうしたそっくりさんを使わなかった方が、映画としてはよかったのではないかと感じた。何かパロディというか、笑ってしまうような場面になっている。wは、キリスト教原理主義によって影響を受け、神の啓示を受けたと言いつのり、ネオコンにはけつをたたかれてのアフガンからイラクへの侵攻。これによって、まったくの一般市民も含め多くの人命が失われたことは、まさに悲劇である。さらに、経済においてもまったく「自由」に「野放し」状態で新自由主義に任せてしまった結果、リーマンショックを頂点とする金融危機を招いてしまった。そうした背景がよくわかる。それにしても、同じ穴のムジナかポチか、この国をさんざんなところに叩き落とした某首相と竹中ペテン大臣についても、誰か映画化してくれないものか。


監督:オリバー・ストーン
出演:ジョシュ・ブローリン、リチャード・ドレイファス、スコット・グレン、エリザベス・バンクス
2008年米映画   上映時間:130分
スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。