FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
重力ピエロ
 奥野春は兄の泉水にクラスの女子生徒が生意気だということで襲われるのを助けた。泉水はただ呆然と見ていただけだった。7年後、母の命日に実家に集まった家族は父正志と、大学院で遺伝子の研究をしている泉水、そして町の落書きアートを消す仕事をしている春の3人だ。それから、数日後父の正志はガンで入院することになった。一方、彼らの住んでいる仙台市では連続放火事件が発生していた。ある日春は自分が消しているグラフィティアートのある場所と放火の場所が近くだと気づく。そして春が消している落書きに書かれた文字が何かを意味していると主張する。そして、まだ放火されていない落書き現場の付近で張り込みしようと誘う春。しかし彼らが犯人を突き止める前にまたしても火の手が上がった。急いで、火を消し疑われてはしょうがないとその場を立ち去った二人。大学院では、泉水の友人が、24年前仙台で起きた連続強姦事件の犯人が当時は未成年であったため少年院を出て、現在では仙台で少女売春の斡旋を仕事にしていると言うのだった。そして、泉水の行く先々で目にする謎の若い女性。春は泉水に新しく見つかった落書きアートの写真を見せ、今度こそ犯人を捕まえようという。しかし、泉水は父が母が亡くなったときに話してくれたある秘密の真相から、ある決意をするのだが、それは春の思いとも一致する。
 立て続けに映画化された伊坂幸太郎の原作による作品なのだが、仙台が舞台という共通項はあっても内容的には、従来の作品とは多少違う。春役の岡田将生はホノカアボーイの時の方がよかった。今回は難しい役なので、多少損をしているように感じた。それと、エンディングもこの後公開される「ゴールデン・スランバー」を彷彿させるものだ。


監督:森淳一
出演:加瀬亮 、岡田将生 、小日向文世 、鈴木京香
2009年日本映画  上映時間:119分
スポンサーサイト



テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -