FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
ラスト・ブラッド
 かつて応仁の乱の後混乱を極めていた時代、鬼源という鬼の始祖によって父を殺されたサヤ。幼いサヤは父の家臣である加藤によって山間の村に隠れて育てられ、剣の道を究めた。しかし、サヤが青年になった時、鬼に襲われ加藤は殺された。サヤは実のところ、鬼の血を引いていて不老不死の身でひたすら鬼を退治し続けていた。時は流れ、1970年の東京米軍基地では、ベトナム戦争の渦中で臨戦態勢のなかにあった。こうしたなか、アメリカの秘密結社カウンシルのリーダーマイケルによって、米軍基地内に鬼が存在するという情報から、サヤは米軍基地内のハイスクールに転校する。そのなかで、剣道の練習にかこつけて、基地の司令官の娘アリスを襲う鬼たち。そこに、サヤが現れ鬼をあっという間に退治してしまう。カウンシルの情報では、ついに鬼原が東京に姿を現したという。その情報が入った直後、鬼の正体をさらけ出し。サヤとアリスに群れで襲う鬼たち。それでも、サヤはひたすら切りまくるのだった。カウンシルの仲間割れという事態もあるが、ついに鬼源の腹心がサヤを襲う。危ないところをアリスに助けられ、とうとう鬼源との一騎打ちを繰り広げるサヤ。
 原作は『BLOOD THE LAST VAMPIRE』という日本のアニメだという。しかし、1970年という設定なのだが、町並みがいかにも壊して頂戴というような木造中心でがっかりしてしまった。冒頭の地下鉄のシーンでも全車両で乗客2名などという話はありえない。それと、日本固有の鬼の話かと思ったら、海外から鬼退治にやってくるというあたりで、混乱してしまう。しかも、原作はバンパィアということなのだが、彼らが変身すると吸血蝙蝠よろしく翼があって空を飛ぶというあたりは、「アンダーワールド」のようだった。さらに、不老不死のようだが、刀で切られると、死んでしまうのかなどさまざまな疑問が次々にわいててきてしまった、ともあれ、この作品はチョン・ジヒョンと小雪を観るための映画だと思った。それにしては、小雪の出番が少ないけど。


監督:クリス・ナオン
出演:チョン・ジヒョン、小雪、アリソン・ミラー
2008年 上映時間:91分
スポンサーサイト



テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31