FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダウト
 1964年ニューヨークブロンクスのカトリック系教会に併設された学校セント・ニコラス・スクールが舞台。その教会で生徒や保護者などを前に司祭を務めるフリン神父が「確信が持てないとき、あなたならどうします」と尋ねる。また「疑惑というものも強力な絆になり得る」とも語る。このフリン神父の言葉が物語のなかで重要な意味を持つ。学校で新任のシスター・ジェイムズは若さもあって生徒になめられている。しかし、校長のアロイシスは旧来の道徳観にがんじがらめに縛られ、生徒にも手厳しい。ことある毎に校長室に呼び説教をするのだった。ある日、急に鼻血を出した生徒をシスター・ジェイムズは早退させる。しかし、校長のアロイシスは生徒がわざと鼻血を出したのではないかという「疑惑」の目で見る必要があるという。さらに「悪事に立ち向かおうと一歩踏み出せば、神から一歩遠ざかることになるかもしれないが、それでもその行為は神のための行為なの」と言い切る校長だった。そうしたなか、学校で唯一の黒人の生徒ドナルドが皆からさまざまないじめを受けていた。そのドナルドが礼拝の侍従として選ばれ、礼拝の後フリン神父に呼ばれていくのを目撃したシスター・ジェイムズ。その後、ドナルドが酒臭いということに気づいたジェームズは校長に報告する。フリン神父は皆から差別されているドナルドを何かと気にかけていた。彼は学校のストイックな旧習を脱皮し現代的な開かれたものにすべきだという持論を持っていた。そうした点も含め、元来気に入らなかったフリン神父に校長のアロイシスは徹底的に追及する。フリン神父はドナルドがこっそりワインを飲んだので、彼をかばうため黙っていたという。その言葉で納得するシスター・ジェイムとは違い、校長のアロイシスはさらに疑惑をひろげフリン神父がドナルドに性的虐待を持ちかけたのではないかと疑うのだった。何と弁明しようと、決して受け入れない校長。
 ケネディ暗殺の翌年で、アメリカで公民権運動が広がりを持とうとしていた時代が舞台。しかも、保守的な行動規範で制約されたカトリックの教義に縛られた教会の学校。シスターたちは、古い因習に縛られた集団生活をしている。そうした中からは、新しさとか改革とか開放とは相容れない。一方、神父たちは夕食にワインを飲むという生活をしており、時代の変化に対応すべきという思いを持っている。そうしたなか、事の真相はついにわからないままに一方的に疑惑にとりつかれた校長の妄想が暴走する。


監督:ジョン・パトリック・シャンリー
出演:メリル・ストリープ 、フィリップ・シーモア・ホフマン 、エイミー・アダムス
2008年米映画  上映時間:105分
スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。