FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
ノン子36歳(家事手伝い)
 信子、通称ノン子は東京で芸能活動をしていてテレビにも出ていた。しかし、結婚したマネージャーがいい加減な男で離婚し、活動の場もなく今は実家に帰ってきて家事手伝い。ただ実家の神社は妹の連れ合いと父親が切り盛りしていた。その神社の祭りの数日前、マサルという若者が神社にやって来て、境内にいきなりブルーシートを敷いていた。事情を聞くと祭りの当日、店を出したいというのだった。そこで、テキ屋の安川のもとへマサルを連れて行くことになったノン子。しかし安川は、許可も必要だし急には無理だと断る。それでもノン子はいくらかのスペースはあるから、安川も認めてくれるのではないかと言葉をかけた。そんなこともあって、マサルは祭りの日までノン子の実家に居候することになった。そんな一方ノン子の元夫が姿を見せた。調子のいいことを言いながら、もう一度東京で芸能活動を一緒にしようというのだった。マサルはノン子の実家に大量のひよこを送ってもらっていた。マサルはひよこを祭りで売ろうというのだった。いったんは、雨で祭りは順延になった。マサルはかつてテレビ見たことのあるノン子に惹かれていく。そして、ノン子はなりゆきでマサルに抱かれる。祭りの当日、安川にひよこを売らせて欲しいと言うが、相手にされないマサル。すると、切れたマサルがチェーンソーを持って暴れ出すマサルだった。
 離婚して実家に戻り、家事手伝いとはいえ、酒と煙草を離せず、木製サンダルをカタカタ鳴らしながらかったるそうに生きている主人公ノン子。それに関わる元夫と行き当たりばったりの若い男。現在の世相を上っ面だけなぞり、ラブシーンだけが注目されている作品。逆ギレするマサルの行動もまったく理解できないし、ただただ身勝手な奴としか思えない。ノン子も酔って、町中の看板などをやたらと蹴飛ばすのも、一度ならともかく繰り返すのは、どうかと思う。けだるいというかだらだら生きているが、何とかやり直すということもないのもやりきれない。それと、最後の落ちだけのためにひよこ売りというのもいただけない。ただ、ロケ現場の寄居町一押しのノン子橋は見てきた。よく見つけたものだと感心した。


監督:熊切和嘉
出演:坂井真紀、星野源、津田寛治、鶴見辰吾 、新田恵利
2008年  上映時間:105分
スポンサーサイト



テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -