FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
少年メリケンサック
 メイプルレコードの新人発掘部に勤務する、契約社員のかんなあ、契約期限切れ目前にネットの動画サイトで見つけたのが「少年メリケンサック」というファンクバンドだった。さっそく、社長の時田に報告すると、かつてロックバンドの一員だった時田が気に入り、かんなの契約延長と「少年メリケンサック」と契約をするように命じるのだった。そこで、連絡先を見つけ最初に会ったのがイケメンの秋夫だった。訪ねていった先にいたのは、年齢50歳で朝から飲んだくれているオッサンだった。かんなが見たのは、実は「少年メリケンサック」の解散コンサートの動画だったのだ。それが25年前のことで、今や中年のおやじになっていたというのだ。驚くかんなに秋夫は、かつてのオリジナルメンバーでなら再結成してもいいというのだ。一方時田は、すでに全国ツアーを画策して、10万人のアクセスを得ていた。かんなは「少年メリケンサック」ではなく中年になった秋夫を見て、あきらめるのだが、事情を知らない社長命令でかつてのメンバーだった秋夫の弟春夫の元を訪ねた。しかし、現在は肥育牛の仕事をしている春夫はけんもほろろ断る。しかし、何とかオリジナルメンバーは集まったのだが、ボーカルのジミーは25年前の解散コンサートでの、春夫と秋夫の衝突の際の怪我がもとで車いすで現れ、言語も不明瞭という有様だった。そんななか、かんなの運転でメンバー4人は最初のコンサート会場の名古屋へ向かった。しかし、ネットでの前評判で集まった、いかにも「悪そうな」観客たちは、現れた「少年メリケンサック」の姿をみて、ブーイングの嵐だった。演奏が始まると次々と店を出る観客たち。時田も駆けつけたものの、取りあえず契約した会場だけはやり切り、その後辞表をだせとかんなに言うのだった。かくして、ファンクとは粗暴で下品で助平という最悪の中年メンバーとかんなの日々が始まった。
 「真夜中の弥次さん喜多さん」につづく2作目の宮藤官九郎監督作品。ジェネレーションギャップで片付けられるのかわからないが、やはり共感できない。笑いのツボも違うし、何かのりきれない。バンドに関する邦画も「ナナ」や「メトロイトメタルシテイ」といった劇画原作のものや「GSワンダーランド」などがあるが、どれもイマイチというかがっかりさせられ続けてきたが、今回も同様で、はっきりってつまらなかった。宮崎あおいだけが光っていた。「ザ・マジックアワー」につづくこの作品でもあざとらしい演技で嫌み感満載の佐藤浩市にも辟易した。


監督:宮藤官九郎
出演:宮崎あおい、佐藤浩市、木村祐一、田口トモロヲ
2009年日本映画   上映時間:125分
スポンサーサイト



テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -