FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
レスラー
  1980年代人気プロレスラーだったランディ・ザ・ラム・ロビンソンは今は落ち目で、ドサ回りのプロレスを続けていた。しかし、収入は減り、今や住んでいるトレラーハウスの家賃にも困るほどだった。今や耳も悪く、ステロイドを使ってやっとのことで見せかけの体を維持していた。それでも、試合になるとラフプレイの連続で、満身創痍状態だった。そんなランディの唯一の楽しみはストリップパブで働くキャシディに会いに行くことだった。そうした無理がたたって、ある日試合の後、ステロイドの副作用で心臓発作を起こし倒れてしまった。緊急手術を終えたランディに対して医者はもうプロレスは無理だと宣告した。そこで以前からやっていたスーパーでのアルバイトの時間を増やすことにして、プロレスも引退することにした。思い悩んだランディは、キャシディに相談するが彼女はランディの娘ステファニーに会うように勧める。しかし、ランディは長い間娘とは会っていなかった。今さら、どの面さげて会えばいいのかと迷っていた。それでも、意を決して娘を訪ねた。娘は冷たく会いたくないと言う。そこで再び、キャシディに相談するランディだった。やっとのことで、娘と話すことが出来たランディはしばらくぶりで娘と心を通わす。いっぽうキャシディは息子がいることを打ち明け、ランディとのことは店の客と踊り子以上の関係にはならないと言う。その一言であれたランディは、酒を飲み行きづりの女性とはめをはずす。そして、娘との約束をすっぽかしてしまった。それで、もう2度と会わないし、声も聞きたくないと言われてしまう。そこでランディは因縁の相手ジ・アヤトラーと20年ぶりの再戦を決意する。そして、心臓手術の傷を目立たなくして、リングに立つのだった。
 かつて、俳優からボクサーへの転身をはかり、日本での試合でも「猫パンチ」と揶揄され、さんざん不興をかったミッキー・ローク。しかし、この作品では、かつての栄光を引きずり、過酷な戦いを展開していく老いたプロレスラーを好演した。皆、現実の映画界でのミッキー・ロークの姿をダブらせて見ると思うので余計に印象が深くなる。それにしても、つい先日日本でも2代目タイガーマスクの三沢選手がリング上の事故で亡くなっている。こうした現実も含め、途中からラストの予想はこれしかないと思うのだが、その通りの展開になっていった。



監督:ダーレン・アロノフスキー
出演:ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド
2008年米映画 上映時間:109分
スポンサーサイト

テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31