FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やがて復讐という名の犬
 南仏のマルセイユ市警犯罪課で敏腕刑事のシュナイデルは、上司でもある女性警視正アンジェリと不倫中に妻と娘が交通事故に遭遇していた。娘は死に、妻は意識不明のまま入院していた。それ以降、彼は酒におぼれ、ある夜泥酔状態でバスに乗り、ふと気がつくと運転手に逆方向に行けとピストルを突きつけていた。しかし、駆けつけた警察官たちに取り押さえられ署に連行された。それでも、これまでの実績もあって警視たちの尽力で事件はもみ消された。しかし、シュナイデルは折しも捜査中の連続殺人事件に没頭していたが、それも外されてしまった。あらたにシュナイデルに変わって捜査の指揮をとるのがコヴァルツキだが彼はあからさまにシュナイデルを排除していた。一方、十数年前父母を殺された姉妹の姉マクサンスは実行犯であるスブラが終身刑であるにもかかわらず、模範囚としての仮釈放の申請を出していることをしった。それで、出所する前に本当に反省しているのかを確かめるための手紙を書くのだった。そこで、偶然スブラを逮捕したのがシュナイデルだということを知って、マクサンスは彼に仮釈放のことを告げ力になってくれるように頼むのだった。その後、連続殺人事件の手がかりを単独でつかんだシュナイデルは昔からの同僚のジョルジュとともに容疑者を逮捕に向かった。
 「あるいは裏切りという名の犬」とほとんど同じキャストで作られた本作は、監督自身の元刑事という体験を元に作られたものでフランスの地方警察の現状を垣間見せてくれた。日本と同じように、警察官の仲間意識の強さと官僚機構によって閉鎖的で不祥事は隠蔽するという日本の警察機構との共通点をみることができた。かつて、ギロチンでの死刑制度があったフランスだが、現在は死刑制度はなく終身刑が最高刑になっている。暗にこうした制度への異議もにおわせているような気がした。


監督:オリヴィエ・マルシャル
出演:ダニエル・オートゥイユ、 オリヴィア・ボナミー、 カトリーヌ・マルシャル
2007年仏映画  上映時間:125分
スポンサーサイト

テーマ : ヨーロッパ映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。