FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天使と悪魔
 アメリカに帰国したばかりのハーバード大学の宗教象徴学ロバート・ラングトン教授のもとにヴァチカン市国からの使者がやって来て、すぐに同行して欲しいと言う。折しもヴァチカン市国ではローマ法王が逝去し次期教皇を選出するコンクラーベがおこなわれようとしていた。一方、スイスにあるセルン(欧州原子核研究機構)で、新たなエネルギー源となる「反物質」の生成に成功した女性科学者ヴィットリアは、何者かに同僚の科学者を殺害され、この「反物質」を持ち去られてしまっていた。ヴァチカンに着いたラングトンは亡くなった教皇の侍従(カメルレンゴ)と会った。実は、彼がラングトンを呼んだのだった。それというのも、16世紀に結成された反キリスト秘密組織「イルミナティ」からの脅迫がおこなわれていたからだ。「イルミナティ」は現在おこなわれているコンクラーベで有力な次期教皇候補の4人を誘拐していた。そして、彼ら4人の枢機卿たちを「イルミナティ」に関連した施設で1時間ごとに殺害し、最終的にヴァチカンを「反物質」で吹き飛ばすというものだった。そのため、ヴィットリアも招聘されていた。ラングトンはまず、ヴァチカンの書庫の行き、ガリレオの書いた本に残された暗号を解き明かし、Earth、Air、Fire、Waterという4つのキーワードを読み解いた。そして、これに関連した教会や広場に次々に向かって行った。すると、そこには、無残な姿の枢機卿が「イルミナティ」による焼きごてでEarth等の文字が押されていた。時間刻々とせまってくるなか、ラングトンは間に合うのか。
 今回は、科学と宗教というテーマを絡め、コンクラーベも織りこんだものになっている。前作もそうなのだが、映像でラングトンが暗号を解いていく様子があまりに早すぎてしまうきらいがあった。4人の枢機卿たちも救出するのに1時間しかないという、切羽詰まったものになっており、とにかく早足で手がかりをたどるというもの。こうした展開はテンポがよすぎという感が否めない。だから、途中で「真犯人」の目星もついてしまった。原作が長いのでこれはいたしかたないのだろうか。それと、前作は最後に、エピローグが少しほっとするものになっていたが、今回はこれだけという多少物足りなさを感じた。


監督:ロン・ハワード
出演:トム・ハンクス、ユアン・マクレガー、アイェレット・ゾラー

2009年米映画   上映時間:138分
スポンサーサイト

テーマ : 天使と悪魔
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。