FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/12
≪11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   01≫
ナイロビの蜂
 英国外務省1等書記官ジャスティンは、上司の代理で講演会の講師をした。あまり話はおもしろくもなく、聴衆がすごすごと帰りはじめたとき、一人の若い女性が講演とは関係のないイラク戦争への関与について鋭く質問をしてきた。唐突な質問に他の聴衆はあきれて帰ってしまい、二人だけが残されてしまった。その質問をしてきたのが、テッサで二人はたちまち恋に落ちてしまう。そして、ジャスティンがケニアに赴任するのを機会に二人は結婚し共にナイロビで生活する。やがて、テッサは妊娠するが、それでもアーノルドという黒人医師とともにナイロビのスラムの子どもたちの世話をするボランティア活動を精力的におこなっていた。そして、出産も現地の病院でおこなうが、死産だった。その後もジャスティンに説明しないまま忙しく活動を続け、アーノルドとともに奥地に行くことになり、見送るジャスティンに2日で戻るからと言って飛行機に乗り込んだテッサたち。しかし、それが最後の別れになってしまい、テッサは車の中で運転手とともに死んでおり、アーノルドは行方不明だということだ。妻の死に疑問を持ったジャスティンは、色々調べていくと、大手の製薬会社が現地の会社を巻き込み新薬に治験をケニアでおこなっているということを突き止める。それは、製薬会社、ケニア政府、英国領事館を巻き込んだもので、ジャスティンも帰国を命令され、身辺に危険が迫るのだった。
 夫婦愛がモチーフとなっているが、巨大製薬会社の陰謀や何よりもケニア現地のロケで現状が垣間見えたのが、よかった。ホテル・ルワンダもそうだったが、いわゆる先進国の人間には、遠いアフリカの生活なぞ到底わからないし、またわかろうともしないのが現状だ。さまざまな紛争、エイズ渦、食料、医薬品不足などということぐらい、断片的に伝わってはいるが、関心はないということだろう。この映画のように、アフリカの人々を利用して人体実験というか新薬治験といったことを世界的な製薬会社がやらないという保証はどこにもないし、他に何らかの悪意をもって、アフリカを食い物にしようという発想は充分に考えられる。そうした警告もこめられているのでは、思ってしまった。単なる純愛映画ではないと思う。

監督 フェルナンド・メイレレス
出演 レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ
2006年英映画 上映時間128分
スポンサーサイト



テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -