FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
NOISE
 ニューヨークに一家3人で住むデビッドは、次第に都会の喧噪のなか、様々な騒音がノイズとして気になっていた。ある夜、幼い子どもをやっと寝かせ着けたと思った瞬間、外でけたたましい音が鳴り始めた。またチェリストの妻ヘレンが家で練習中にまたしても警報が鳴り出した。がまんできずに、デビットは外に飛び出し、警報を鳴らし続けていている車にけりをいれるのだった。それでも、気が治まらないデビットは、自動車修理工場で警報の仕組みについて、調査した。それによると、大概の自動車には盗難防止用の警戒システムが組み込まれているという。しかし、これは、ほんの少し人が車に接触しただけでも、最低5分間は警報の電子音がけたたましく大音響で鳴り響くのだという。てっとり早く解除するには、電源を切るのがもっとも簡単だということがわかった。そこで、デビットは、夜中に警報を発している車を手当たりしだい、ボンネットを開けバッテリーコードを切断していった。こうした行動のなか警察に逮捕され、妻からも見放され、会社も解雇されたデビット。しかし、彼は単身で別居を余儀なくされても、逆に救世主と名乗りさらに「ノイズ」狩りに専念していった。そうした行動はけっこう支持が増えていた。皆、うるさいと感じていてそのまま見過ごしているものの、本音では静かにして欲しいという潜在的な意識の現れとも言えた。そんなある日、デビットはエカテリィナという若い女性に声をかけられた。彼女は、デビットの正体を見破っていた。彼女は、デビットにニューヨーク市に対して署名を集め、騒音防止条例制定を求めていこうと提起する。最初は2人だけで始めたのだが、次第に仲間も増えていった。しかし、こうした動きにニューヨーク市長は快く思っていなかった。様々な妨害があったもののデビットは最後の手段にでるのだった。
 かつて、隣家のピアノの音を騒音として殺人事件があったり、逆に隣人にわざと大音響の音楽を流したり布団を叩きながらわめくといった事件もあった。人それぞれ「ノイズ」と感じる音源は様々だと思う。自動車のエンジン音も快いと感じる人もいるだろうが、たまらなく不快に感じる人もいる。こうした誰もが感じる「ノイズ」とりわけ都会の昼夜も分かたぬ音の嵐に敏感になるのも無理のないこと。主人公のティム・ロビンスはこうした役柄はまさにうってつけ。鬘を着けたニューヨーク市長役のウィリアム・ハートもけっこうはまっていた。


監督:ヘンリー・ビーン
出演:ティム・ロビンス、ブリジット・モイナハン、ウィリアム・ハート

2007年米映画  上映時間:91分
スポンサーサイト



テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -