FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2018/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウォッチメン
 1980年代のアメリカには、第2次大戦後現れた仮面のヒーローたちが活躍し、悪を封じていた。なかでもDRマンハッタンと呼ばれたのは、50年代後半に科学実験の失敗により全身を粒子状に分解されつつ再生され、以後このヒーローたちとともに米政府の要請で活動したことだった。そのため、米はベトナム戦争に勝利し、アポロ計画で月にも行っていた。そうしたこともあって、ニクソン大統領は普通2期までの大統領の任期を延長して長期間君臨していた。こうしたなか、キーン条例が制定され仮面のヒーローの活動は禁止された。しかし、唯一ロールシャッハだけは、トレンチコートにフェドーラ帽をかぶり、白と黒の模様が常に変化するマスクつけて活動をつづけていた。そんななか、現在は米政府の要請で素顔での活動をつづけてきたコメディアンが自宅のマンションから転落して殺された。彼の死体の傍らには血のついたスマイル・バッジが転がっていた。これは、コメディアンがかつて着けていたものだった。ロールシャッハは「ヒーロー狩り」ではないかと疑問を抱き、かつての仲間たちを密かに訪ねて警告する。一人はナイトオウルだが、彼は二代目で、現在はかつての装備一式を地下に隠し持っていた。彼は親からの遺産によって悠々自適の生活を送っていて、忠告だけは聞いておくというものだった。さらに、DRマンハッタンのところには、唯一女性のヒーローで2代目のシルク・スペクターも訪ねた。あわせて、かつてのヒーローの姿を世間に公表し、現在はヴェイト社社長として成功しているオジマンディアスのところにも行くロールシャッハ。そこで、彼がDRマンハッタンの力を借り、無公害のエネルギーを開発していることを知る。そんななかで、オジマンディアスも刺客に襲われるが間一髪助かった。一方、ロールシャッハはかつての敵の男の行動に疑問を持ち、彼を訪ねたところ、すでに殺されていて逆に警察に逮捕されてしまった。さらに、シルク・スペクターはDrマンハッタンのところを去りナイトオウルの元に身を寄せ、二人は再び仮面のヒーローとして活動を開始し、ロールシャッハを刑務所から助け出した。そして、米ソ核戦争が間近に迫ったなか、真相を知ることになる。
仮面をつけたヒーローたちは、悪を監視する人々であり、様々な事件の陰で活躍することから「ウォッチメン」と呼ばれてきた。しかし1977年に可決された覆面着用者による自警活動を禁止するキーン条例以降、彼らの活動は停止されていた。ただ、Drマンハッタンの登場以降、ソ連との冷戦もかたちを変えたものになるのではないだろうか。核戦争がソ連のアフガン侵攻とともに不可避という状況も違うんじゃないと思った。それにしても、第2次大戦後から1980年代までという時代でしかも、現実とは違ったかたちで展開していくというなかで、多少混乱しがちだった。アメコミという表現では、それなりに入り込めるのだろうが、まったく原作も知らない中では、全面的に理解するのはけっこう難しいと感じた。ただ、暗い色調でアメコミの雰囲気をかもし出すというあたりは出色。



監督:ザック・スナイダー
出演:ジャッキー・アール・へイリー 、パトリック・ウィルソン、ビリー・クラダップ、マリン・アッカーマン
2009年米映画  上映時間:163分
スポンサーサイト

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。