FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホノカアボーイ
 ハワイ島の北にあるホノカア、ここでは月に虹が架かるという「ムーンボー」に惹かれ、カオルという恋人とともにやって来たレオだった。しかし、火山の島ハワイ島で道に迷い、たどり着いたのがホノカアという小さな町だった。道を聞こうと入っていったのがホノカアピープルシアターだった。無人の映画館に入り込んだレオ。一方待ちくたびれたカオルは道ばたに座り込んだのだが、上から日本人らしいおばさんが、ストローから缶に入った飲料を頭上から垂らしていた。そして二人は、車で口げんかの末別れてしまった。一方レオは、大学を休学し再びホノカアの町にやって来た。そして、映画館で映写技師のバズの助手として住み込みで働くことになった。映画館の館主はエデリという中年の食いしん坊な日系女性だ。映画館で一番評判がいいのは、ビーという日系女性が焼くマラサダというお菓子だ。そのビーさんの家に買い出しの荷物を届けに行って、いきなり割り箸で作ったゴム鉄砲で輪ゴム連射を受けたレオだった。それでも、猫の餌を誉めたのが気に入られ、翌日から毎日夕食を作ってくれるという。レオは毎日のごちそうをポラロイドカメラで撮影して自分の部屋に飾っていった。50年も前に夫と死別しから一人暮らしをして、偏屈な女性として生きてきたのだが、息子ほどの年頃のレオを気に入り、毎日食事をともにするビー。かつて日系移民たちが作っていたサトウキビが野生化し群生するサトウキビの匂いが漂う町には、コイチという80歳を越えた老人がレオに日本からエロ雑誌を送ってもらって欲しいとねだるのだった。そして、ベサーメムーチョをいつも流している床屋の女主人ミズエなど、時の流れを静かに受け入れている人たちがゆったりと生きていた。やがて、ビーはつぎはぎだらけのジーンズからおしゃれなワンピースを着たりするようになった。そんなある日、レオは若くて美人のマライアと知り合う。二人はデート重ね、ビーの夕食をすっぽかすレオ。甚く傷つくビーだが、そんなことはつゆ知らず、マライアをともなってビーの家でディナーを食べることになったのだが、突然アクシデントが勃発する。
 外国でしかもおいしい食事、しかもベースは日本食とくれば、いやでも「かごめ食堂」そしてきれいな海もいえば「めがね」をどうしても思い浮かべてしまった。そんなテーストなのだが、出演者が倍賞千恵子、松坂慶子、喜味こいし、正司照江といった年配の出演者たちがいい味を出している。心地よい風が吹き抜け、まれに月の虹が見られるかも知れないというホノカアという町自体が泰然自若としているようだ。それと対照的に、出会いと喪失という経験を経て大人になっていくレオの姿が印象的だ。音楽も含めなかなか心なごませる作品になっている。


監督:真田敦
出演:岡田将生、倍賞千恵子、松坂慶子、長谷川潤 、蒼井優、深津絵里
2008年日本映画 上映時間:111分
スポンサーサイト

テーマ : 日本映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。