FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
春よ来い
 佐賀県唐津市の呼子町で親の代から釣り船屋をやっていた尾崎修治はあ、借金をして高速艇を買い漁に出ていた。父一平は認知症気味だが、妻の芳枝との間には一人息子のツヨシが生まれ貧しくても幸せな日を送っていた。秋祭りの当日、借金の取り立てに来た高利貸しの野田は、借金のカタに高速艇に乗っていこうとした。そこで、修治は野田と殴り合いになり、はずみで野田を死なせてしまった。すると、修治はそのまま船で逃げ去ってしまった。それから、4年の後、芳枝は釣り船屋を再開し、魚市場でも働き一人で家計を支えていた。小学校に入学したツヨシは、姿を消したままの父のことを今でも強く慕っていた。時々駐在所に貼られた父の指名手配の写真に見入っていた。学校でも孤立しているツヨシを心配しているのは担任の岡本洋子だった。彼女の兄利夫は佐賀日報呼子支局の新任支局長として赴任し、洋子からつよしの事情を聴き、自分たちのことを振り返るのだった。それというのも、岡本兄弟は子どもの時両親が交通事故で突然亡くなってしまい、二人で寂しい時を過ごしてきたのだった。利夫はある日ツヨシがいつものように、駐在所で父の写真を見ている様子を撮影し記事にしたのだった。すると、ツヨシは学校でいじめられ、芳枝も魚市場を休職に追い込まれ、釣り船も客を紹介できないと言われるのだった。利夫は記事にすることで、修治が姿を現すのではないかと期待したのだ。そして、もう一人定年を間近にひかえた刑事の安藤も、芳枝の周辺の張り込みをおこなうようになった。一方、修治は記事を読み息子への思いを募らせていた。彼は博多で日雇い労働者として働いていた。利夫は芳枝母子を苦しめてしまったという、贖罪の意識から二人と修治を再会させ、自首させようとの思いがあった。そして、思いがけないところから、その機会が訪れようとしていた。
 監督の三枝健起氏は作曲家三枝茂彰氏の実弟だという。この映画でも音楽を担当している。それはそうとして、時代設定が1980年代ということになっている。これは、携帯電話の普及の前という理由なのだろうか。それと、鏡を多用したショットは違和感があった。それと、夜の山間の水田に映った月のシーンなどもきれいなのだが、あざとい感が否めなかった。それはそうと、そもそも最初のもみ合いで、高利貸しを死なせたという場面でなぜ逃げなければならなかったのかという、説明がないまま、4年間も逃亡するという設定がよくわからなかった。そういう意味でも、せっかく工藤夕貴や時任三郎、西島秀俊、吹石一恵などといったキャストがいまいちいかされていないという印象が残った。


監督:三枝健起
出演:工藤夕貴、時任三郎、西島秀俊、吹石一恵
2008年日本映画  上映時間:108分
スポンサーサイト



テーマ : 日本映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -