FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハンコック
 ロサンゼルスでアジア系の若者による強盗事件が発生し、車で逃走中というニュース速報が流れた。すると、道ばたのベンチで寝ていたハンコックに少年が声をかけた。やおら起き上がったハンコックは酒瓶を片手に空を飛び、道路案内などの公共物を破壊しながら、逃走中の車に追いつき、車をひょいと持ち上げ、ビルの屋上の塔に串刺しにしてしまった。彼の行為は、犯罪者を逮捕するということでは、評価されるのだが飛び立ったり、降りた利する度に道路が破損するなど、被害が増えている。そのため、彼はヒーローとして人気はなく、むしろ厄介者扱いされていた。そんなある日、渋滞中の車が踏切の中で動きがとれず、列車が近づくなか、通りかかったハンコックがぶつかりそうな車を放り投げ、列車を止めてしまった。列車や車は大破損し、ブーイングの嵐だった。しかし、衝突事故から間一髪助けられたレイだけは、ハンコックに感謝し、家まで車ごと持ち帰ってもらった。レイはハンコックにお礼に自らの仕事でもあるPRのコツを伝授する。レイは、これまで世間に迷惑をかけてきたことを詫び、一度刑務所に入り、反省の日々を送るようにする。その上で、犯罪が頻発するなか警察からの協力要請がされることが予想されるので、そこで登場すれば皆にヒーローとして認められるというのだった。そうした提案に同意しながら、レイの妻メアリーの作ったミートボールスパゲッティに舌鼓をうつハンコックだった。そして、レイの提案に従い服役するハンコックだが、刑務所の中はハンコックによって刑務所送りなった連中でいっぱいだった。しかし、ロサンゼルスの町は相変わらす犯罪が頻発し、ついにハンコックに出動の要請がきた。ハンコックは今度は丁寧な言動で、銀行強盗を捕まえた。この事件で、あらためてヒーローとして迎えられたハンコック。そこで、レイ夫妻と息子のアーロンと祝杯をあげる。そして、ハンコックは自らの過去を話すのだった。それによると80年前の映画『フランケンシュタイン』の切符の半券2枚とガムを持っていたらしいというのだ。それ以上の詳しいことは何も覚えてないということらしい。その秘密は、メアリーから意外なかたちで明らかにされる。しかも、その事実が判明したとたん、彼のパワーが失われそうになり、危機に瀕してしまう。
 映画「ジャンパー」でもそうだったように、スーパーマンというか、彼らのパワーの源についての説明がとにかく昔からいたんだという、けっこうアバウトなものだ。ただ、日本の特撮ものも含めこうした巨大なパワーを持つウルトラマンなども含めたヒーローたちも、けっこう町中を破壊することがある。こうした被害は、けっこう大変な被害をもたらすことになる。そんなことも考えさせる。それも含め、飲んだくれで疎まれる無頓着なヒーローということがセールスポイントということだったのだが、コスチュームとサングラスで新ヒーローに変身ということでありふれたものになってしまった感がある。


監督:ピーター・バーグ
出演:ウィル・スミス、シャーリーズ・セロン 、ジェイソン・ベイトマン
2008年米映画  上映時間:92分
スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。