FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
007慰めの報酬
 007カジノロワイヤルのラストから1時間後から始まるのが007慰めの報酬だ。ボンドが愛した女性ヴェスパーが死に、彼女の死にも関わる彼女を操っていたミスター・ホワイトを拉致し、尋問をおこなったMI6のMたちだったが、彼の背後には遙かに大きな巨大組織があることが判明した。この捜査をおこなうため、ハイチに飛んだボンドだったが、そこでカミーユという女性と知り合った彼女を介してドミニク・グリーンという男に目をつけた。彼は表向きは、環境保護を掲げる慈善団体グリーン・プラネットのCEOだが、彼の本当の顔をあぶりだすべく活動を開始した。しかし、ボンドの手荒な捜査方法によって、英国の高官のボディガードを殺害したということで、活動を凍結させる措置がMからだされた。しかし、退職したMI6 のマティスの協力でボリビアに向かうボンド。グリーンはCIAをも手玉にとって、ボリビアの前政権の主メドラーラ将軍に手を貸し、天然資源を独占しようと暗躍する。ボンドはグリーンの元にいたカミーユとともにグリーンの野望の証拠を確認するため、飛行機で探索に行くが、彼らを待ち構えていた飛行機に攻撃され、ボンドたちは地上に落とされる。それでも、カミーユとともにクーデターを成功させたメドラーノ将軍とグリーンの会合の場に向かうボンド。
 前作以上に、冒頭からのカーアクションの連続。至る所での追跡劇。「ジェイソン・ボーン」のマット・ディモンも真っ青の屋根から屋根、窓から窓といった飛び移りなど肉体派のボンドの面目躍如といったところか。しかし、敵の正体があまりに大きく前作との関連についても、最初だけで、全貌がわかりずらい。実際に「水男爵」とよばれる団体によって、水の支配が進行しているという現実を踏まえてのストーリなのだが、いまいち民衆を苦しめている状況が描かれず、もっぱらアクションだけというところが物足りなかった。前作の恋人ヴェスパ―が水に苦しめられ死んでいったが、今回のカミーユが火に包まれ死にそうになった場面で起死回生の脱出を成功させ、前作のトラウマを克服した。混沌とした現代では、かつてのようにわかりやすい悪は姿を消してしまったということが強調されているのか。


監督:マーク・フォースター
出演:ダニエル・クレイグ、オルガ・キュリレンコ、マチュー・アマルリック、ジュディ・デンチ2008年米英映画  上映時間:106分
スポンサーサイト

テーマ : 007シリーズ
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。