FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
西の魔女が死んだ
 中学1年生になったマイは、小学生の時とは違い女子の自然にできるグループに何となく参加しなかった。彼女たちは、他愛のないおしゃべりや休み時間のトイレなどグループでまとまって行動するというもので、マイは彼女たちに同調しなかった。すると、独りだけ浮いた存在になり、やがて不登校になってしまった。マイのママは単身赴任中のパパと電話で相談して、ママの実家で独り暮らしのマイの祖母のところにしばらく預けようということをマイに提案した。「おばあちゃん大好き」というマイはその話にのった。久しぶりに祖母のもとを訪ねるマイとママ。おばあちゃんは高原に建つ家で待っていた。この祖母は、昔イギリスから単身日本にやって来て、高校で英語の教師をしていた。そこで、理科の教師をしていたおじいちゃんと知り合い結婚。ママが生まれたのだった。マイはおばあちゃんとの暮らしに大満足。二人で野いちごのジャムを作ったりしていた。そんなある日、おばあちゃんは自分は魔女の血筋だということを教えてくれた。この魔女は、魔法使いということではなく、かつて英国にいた予知能力や医療に関わる知識を持ち、地域の人々の役にたっていたという人たちだ。マイは自分も、魔女の血筋であること知り、おばちゃんに魔女修行の手ほどきを受けることになった。しかし、それは基本的に規則正しい生活を送り、何事も自らの判断に従うというものだった。そんな自然のなかでの生活も、隣人であるゲンジさんへのマイの不信感が募ってきた。おばあちゃんは、予断をもって人を判断してはいけないというのだが、どうしてもゲンジさんを好きにはなれないマイ。ちょうどそんな折り、ママが職場を変えパパの赴任先で親子3人の暮らしをしようと提案する。マイもそれに従うことにするのだが、おばあちゃんとはゲンジさんの件で疎遠になってしまった。以来2年、遠くに引っ越したため行き来しなかったのだが、おばあちゃん危篤の報が入り、ママと車でおばあちゃんの家へ向かうマイ。
 西の魔女と呼ばれた祖母と自然の中で暮らした2ヶ月程の期間、マイは多くのことを学んだ。とりわけ、自然のなかで多くの植物とともに生き、あるがままの自然とともに人間も生きていくことの重要性を学ぶことになる。そして、誰しも避けられない死についてもやさしく教えてくれた祖母。そして、ある約束をマイにする西の魔女。それは、東の魔女としてマイのことを認めてのことだが・・・。けっこう深いところにを描こうというところが見られるが、最後の場面は文字が湯気で少しづつ現れてくるとかの工夫があれば、もっと惹きつけられたことだろうと思った。


監督:長崎俊一
出演:サチ・パーカー、高橋真悠、りょう、大森南朋
2008年日本映画  上映時間:115分
スポンサーサイト



テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -