FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
容疑者Xの献身
 東京の下町、江戸川にある河川敷のグランドで全裸で顔や手足をつぶされ焼かれた男の死体が発見された。男は富樫慎二ということがわかり、貝塚北署に捜査本部が置かれた。警視庁から草薙らが出張ってきた。所轄からは内海らが担当し、容疑者リストのなかから富樫の元妻花岡靖子の周辺の捜査をおこなった。実際のところ、富樫が花岡の家を訪ねていた。富樫は、かつて靖子がホステスをしていた際、店に通い、前の夫との間にできた娘美里を連れて結婚していたことがあった。しかし、結婚後DV気味でまともに働かないこともあり離婚し、その後連絡をとっていなかった。靖子は働いて近所に弁当店「みさと」を開いていた。そうしたなか、花岡母子の元へ富樫がやってきた。靖子は、金を渡し早々に富樫を帰そうとしたが、しつこくつきまとう素振りを見せたため、乱闘となり富樫を二人で殺してしまった。ただならぬ物音に気づいた隣に住む高校の数学教師石神哲哉が靖子の家を訪ねた。この日から、石神による花岡母子への指示が始まった。捜査のなかで、石神が草薙や湯川と同じ帝都大学の卒業生だということがわかり、事件についてアドバイスをして欲しいとの依頼をする内海に湯川は、石神についてはっきり覚えていた。湯川をして石神は天才と言わしめた程優秀な男だったが、家庭の事情で大学院には進まず高校教師となっていたのだ。石神は花岡母子が隣に越して来てから、ずっと数学一筋で生きてきて始めて、異性である靖子に恋心をいだき、毎朝みさと亭で弁当を買っていた。石神は明晰な頭脳で警察の先を見越し、適切な指示を出していた。こうしたなか、湯川と石神は17年振りに再会し数学談義をするのだった。やがて、石神の狙い通り容疑者は靖子から他の方向に向いていった。しかし、湯川の推理が冴え渡る。
 テレビでシリーズ化されたガリレオものとは、原作からして違っていたので、危惧があった。案の定と思った。そもそも、原作とは違いテレビ化にあたって、内海という女性刑事が設定され、本作でもテレビの延長線上、大規模実験のためのエピソードを挿入したり、原作にはない登山場面まで入れている。しかし、論理では解けない「愛」については共通項として残してはいるものの、物理学者湯川の本領発揮というよりは、情緒に揺らぐ人間湯川の一面を見せている。しかし、原作も含め、いわゆる「ホームレス」への差別的な眼差しは黒澤明の「天国と地獄」で見せた薬物依存症患者への差別的な態度と同様、後味の悪さを痛感した。


監督:西谷弘
出演:福山雅治 、柴咲コウ、北村一輝 、松雪泰子、堤真一
2008年日本映画  上映時間:128分
スポンサーサイト

テーマ : 容疑者Xの献身
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。