FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブラックサイト
 オレゴン州ポートランド、FBIでサイバー犯罪を専門に取り締まる女性捜査官ジェニファー。彼女が立ち向かうのはクレジットカード詐欺、ポルノサイトなどネットを舞台にした犯罪を取り締まるため日々闘っている。彼女の夫は警察官で殉職、残された娘とジェニファーの母との3人暮らしをしていた。ある夜、ジェニファーが気になったのは、鼠取りに引っかかった猫をなぶり殺すというサイトだった。そこには、頭蓋骨のレントゲン写真を載せ「kill with me.com」というものだった。猫を殺した後、今度は人間が縛られそのサイトにアクセスが集中するだけ、被害者に様々な力がかかるように設定されていた。その模様がネット中継されるや、どんどんとアクセスが殺到し、増えれば増えるだけ致死量もまた増加していき、その結果男性の命が奪われてしまった。すると第2のケースが、引き起こされこれもネット中継され、衆人環視の下、殺人が実行される。ジェニファーも仲間たちとともにこの画面を注視していた。その後、ジェニファーの家がこのサイトで中継され、娘が家を出てカメラを探すと、乗り捨てられた車から殺された男の死体が出てきた。家を知られたため、娘と母を疎開させ地元の刑事と捜索にあたるジェニファーだった。すると、こんどはあろうことか、ジェニファーの同僚グリフィンが行方不明になった。彼もまた、ネット中継されながら、殺されそうになっていた。それでも、彼は最後の力を振り絞り瞼の開閉でモールス信号を使い、犯人の情報を発信した。それによって、犯人の手がかりが判明したものの逮捕にはいたらず、グリフィンも殺されてしまった。落ち込んでそまうジェニファーに、犯人から再び接触があった。
 きわめて巧妙なサイバー犯罪を展開する「犯人」、これはFBIの対サイバー犯罪対策を凌駕するものだった。今や解き放たれたパンドラの箱のように、毎日世界を駆け巡るネットでの様々な情報。実際、これまでも、処刑の場面をネット中継するということもあった。こうした現実を踏まえ、細部にわたっても緻密な準備をしたうえでのサイバー犯罪の設定なのだが、むしろ無責任にこうしたサイトを見ながら他人の不幸を嘲るような風潮に一石を投じようという趣旨にはうなずける。


監督:グレゴリー・ホブリット
出演:ダイアン・レイン、ビリー・バーク、コリン・ハンクス
2008年米映画 上映時間100分
スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。