FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
崖の上のポニョ
 とある海沿いの崖の上にある家に住む宗介は5歳。父耕一は貨物船「小金井丸」船長で、あまり家には帰らない。母のリサはデイケアサービスセンター「ひまわりの家」で働く。宗介は母と毎朝一緒に出かけ、「ひまわりの家」に隣接する「ひまわり保育園」に通っている。ある日、宗介は崖の下の海辺で赤い魚を見つけた。さっそく、小さなバケツに入れ保育園に持って行った。宗介はその魚をポニョと名づけた。ポニョは宗介の傷口を舐めたことで、半漁人になったのだ。それというのも、ポニョは元々は人間だったフジモトとグランマンマーレという海の母ともいわれている女神のような存在との間に生まれた魚だったからだ。しかし、珊瑚の塔の中という活動範囲が限定されているなか、ポニョだけは他の世界をみてみたいと、フジモトの目を盗み逃げ出して、宗介の住む海岸にやってきたのだった。すぐにポニョがいなくなったことに気がついたフジモトは、ポニョの後を追ってきた。海からあがったフジモトは、現在は海で暮らしており、給水ポンプを担いでおり、リサに除草剤をまいている人に間違われていた。しかし、フジモトの魔法の力で水位が上がりポニョは家に連れ戻されてしまう。しかし、ポニョは宗介が気に入り、人間として暮らしたいと主張する。そして、フジモトが魔法で海水を浄化・精製した「生命の水」を貯めていたのを壊し、それを浴びたことにより、ポニョは人間になったのだ。すると、手や足が伸びてきて、文字通り海を駆けて、ひたすら宗介のもとに戻ろうとしていた。その際、嵐になり大雨と、海は荒れ、津波のような波が立ち上るが、ポニョだけは波の上をひたすら駆けていた。そうして、宗介のもとに、たどり着き女の子に変身したポニョに気がつく、宗介とリサだった。しかし、大雨で洪水の被害が出ることを心配したリサは、宗介とポニョを残して「ひまわりの家」へ向かった。ポニョは、人間に変身したため魔法の力を大量に使い、疲れて果てて眠ってしまった。目が覚めると、あたりは洪水で歩けなくなっていた。すると、ポニョが魔法で宗介のおもちゃの船を大きくして、それに二人で乗ってリサの所に向かった。そして、宗介とポニョはフジモトとグランマンマーレ が「ひまわりの家」の老人たちとリサを助けた場所で合流した。
 宮崎駿監督のこの作品は、あえて現在、隆盛のCGを多様したアニメとは一線を画し、あえて鉛筆一本からの手作業を中心にして作られたアニメだという。人魚姫伝説をモチーフにしてはいるものの、環境汚染や高齢者問題なども巧みに織り込まれている。総じて、女性がいきいきと元気でかつ主体的に生きている、という印象が強く残った。それらも、そんなに踏み込んだ主題という感じでもない。何といっても久石譲の音楽、とりわけ主題歌は圧倒的にインパクトがある。これが一番残ってしまうのは仕方ないというものだろうか。


監督:宮崎駿
音楽:久石譲
声の出演:山口智子、天海祐希、所ジョージ
2008年日本映画 上映時間:101分
スポンサーサイト

テーマ : 崖の上のポニョ
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。