FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
20世紀少年
 1969年、アメリカは月に人類初の1歩を刻んだ。10歳の少年ケンジはオッチョ、ユキジ、ヨシツネマルオ、モンちゃん、ケロヨン 、ドンキー、フクベエらと秘密基地を作りそこで「よげんの書」を書いていた。彼らはオッチョの考えたシンボルマークを旗にして掲げていた。やがて、1997年になりケンジはかつてはロックスターを夢見てロックンローラーの端くれだったが、現在は実家で母親とともにコンビニを営んでいた。そして、近所のマルオの誘いで、小学校の同窓会に行った。すると、「ともだち」と名乗る教祖による新興宗教の噂を聞く。その後、ケンジの店の近所でお得意のお茶の水工科大学の敷島教授一家が姿を消すという事件が起きた。敷島宅にいったケンジは彼の家に書かれていたシンボルマークを見て驚いた。そこにはかつて自分たちが使っていたものだった。さらに、9人の仲間の一人、ドンキーが自分の勤めていた学校の屋上から転落死した。また仲間たちが顔を合わせ、秘密基地のことを話し合い彼らが隠した宝もの入れを掘り起こした。すると、そこに「よげんの書」の一部があった。そして、皆で思い出していると、サンフランシスコで原因不明の病気が蔓延した。このあとロンドンでも同じような原因不明の病気が蔓延した。そして、これらの事件は、ケンジが小学生の頃書いた「よげんの書」とまったく同じだった。すこしずつ思い出す記憶。さらに、目玉のシンボルマークを持つ教団主催のコンサートに出かけたケンジは、ステージに空中から降りてきた教祖の「おともだち」と対面する。彼は、集まった信者たちに、ケンジを会場から追い出すように言う。そして、姪のカンナが特別な子であることを知るが、ともだちの命を受け、カンナを誘拐しようと、多くの信者がケンジのコンビニにやって来た。何とかカンナは助けたものの店は火をつけられ全焼してしまった。その際、焼け跡の中から、昔埋めておいた「よげんの書」を発見したケンジ。あらためて、事態が「よげんの書」通りに進行していることを確認し、9人のかつての仲間と連絡をとり人類滅亡を阻止するにはこれしかないと立ち上がるケンジたち。そんな仲間に、かつてシンボルマークを考えたオッチョが東南アジアから帰国した。彼は、武器の扱いにも慣れており、皆を訓練する。しかし、ともだち一派は万丈目党首を担ぎ友民党の議員を大量に当選させ、警察にも浸透させていた。そして、よげんで書いてあった2000年12月31日ついに人類滅亡の日を迎え、ケンジたちは必死にともだちと闘いを展開した。
 映画は3部作ということで、プロローグ的なものだが、2010年代のあたりも描かれている。原作は名前が実在の人物をもじっており、主人公の遠藤健児は歌手の遠藤賢司からとっている。さらに他の人々もその由来があるという。笑ってしまったのは、ケンジの姉キリコの恋人は諸星弾というのだが、ウルトラマンだ。ただ、原作の漫画は読んだことはないが、とにかく早く続編を見たいものだ。ハリウッド作品のように1年以上も待たされると、記憶がすっかりとんでしまい、おさらいをしなくてはならないのは困るから、それでも半年ブランクがあれば、かなり忘れそうだ。ともあれ、1作目はよかった。


監督:堤幸彦
出演:唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子、香川照之、石塚英彦、宇梶剛士
2008年日本映画  上映時間142分
スポンサーサイト



テーマ : 20世紀少年
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30