FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
ぼくたちと駐在さんの700日戦争
1979年、栃木県烏山町という山間の田舎町。この年は大学共通一次試験が開始されたという。また、インベーダーゲームが大流行した年でもあった。そんななか、高校2年生の7人組がいた。彼らは、やがてくる受験をどこか意識しないようにと悪戯に明け暮れていた。ある日、原付バイクに乗っていた同級生がスピード違反で捕まったというのだ。しかも、その現場は急な坂を下ったところで、スピードが出るのは当たり前のところだった。怒った7人組のリーダー「ママチャリ」は自転車ならスピード違反にはならないだろうと、皆で一斉に坂を自転車で下っていた。そこで、スピード違反をおこなっていたのが、この町に新しく赴任した駐在さんだった。駐在は7人組を捕まえ、高校に連絡した。これ以降、彼らと駐在さんとのイタズラ合戦が始まった。7人は、イタズラの相談をするため、始めて町の喫茶店にいった。そこで働くウエィトレスに皆一目惚れをしてしまう。ある日、ママチャリが駐在所に忍び込み、エロ本を置こうとした時、喫茶店のウエィトレスが「主人にご用ですか」と声をかけてきた。彼女は駐在の妻だったのだ。その後、夏休みを利用して彼女の妹も烏山にやって来た。すると、7人組のなかの開業医の息子の井上が彼女に恋してしまう。一方、情けない理由でバイク事故を引き起こし、入院した武闘派の西条。彼を見舞いにいった仲間に、退学をも覚悟であることをやりたいと言うのだった。ママチャリは、西条の提案が、同じ病院に入院している小学生で重い病気のミカちゃんとの約束だということを知った。そこで、ママチャリの計画が実行にうつされていく。
 70年代の田舎町の風景に時折り、当時のヒット局などが流れてくる。ママチャリの母親役の石野真子の「狼なんか怖くない」なども、グッドタイミングで挿入されている。総じて、はちゃめちゃながら7人組の紹介など笑わせる場面が満載。元々ブログ小説が原作でストーリーがけっこう変化するというものらしい。映画は、まだ700日などいってないので、続編が作られるのだろうか。市原隼人のデビュー作「リリィ・シュシュのすべて」で繊細な中学生を好演していたが、今回は2枚目半というかコミカルでこちらの方が向いているのかと思った。


監督:塚本連平
出演:市原隼人、佐々木蔵之介、麻生久美子
2008年日本映画  上映時間:110分
スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31