FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
ユゴ 大統領有故
1979年10月26日韓国パクチョンヒ(朴正煕)大統領は地方の視察にヘリコプターで出かけた。随行したのはヤン大統領秘書室長とチャ大統領警護室長だった。キム中央情報(KCIA)部長はヘリの座席がないということでチャ警護室長によって同行から外されていたのだ。キムは肝臓を患い慢性的な疲労に悩まされていた。一方、中央情報部のチュ課長はあるリゾート地でパク大統領と恋愛関係にあると訴えてきた母娘の話を聞いていた。こうした苦情にはうんざりしていたが、中央情報部に連行し、反体制運動に関わる容疑者への容赦ない拷問が繰り広げられている現場で脅して釈放するのだった。その日の夜には、キム部長を含め視察に行った大統領とヤン大統領秘書室長とチャ大統領警護室長の4人で宴席を設けるようにとの指示を受けたキム。彼は、全国で広がり始めた民主化運動を圧殺する頂点にいたのだが、民主化は必要とも思っていた。それに、長年権力の座にいて、酒食と女性に溺れた大統領にもあいそがつきていたのが本音だった。しかし、ヤンやチャと一緒に大統領への忠誠競争にも疲れていた。そんななか、密かに大統領暗殺への決意を固め、この日の宴席で決着をつけようとしていた。その思いをキムは側近のミン大佐とチュ課長にだけは打ち明け、彼らもその準備をすることに。午後6時半会場の宮井洞宴会場には大統領警護室の護衛隊が警備をし、チュ情報部課長は宴会の余興用に歌手のシムと女子大生を連れてきていた。宴会がはじまると、チャ警護室長がキム情報部長の民主化弾圧を手ぬるいと罵倒した。それでも、大統領はシムの歌う「北の宿から」に聞き入っていた。一人トイレにたったキムは自らに気合いを入れ、宴席に戻り最初にチャを撃ち、次に大統領を撃った。しかし、銃が故障してしまい、外に出てチュ課長から銃を受け取り再び宴会所に戻り、チャ警護室長と大統領に止めの銃弾を撃ち込んだのだ。ミン大佐は厨房にいた関係者を部下とともに射殺。チュ課長も軍隊時代の親友だった大統領警護室の警護主任と副主任を射殺した。大混乱に陥る宮井洞宴会場、キム部長は現場にいて凶行を目撃したヤン大統領秘書室長と女性二人には危害を加えなかった。その後、キムはあらかじめ別室に呼んでいた陸軍参謀総長とともに陸軍本部にむかった。そして、臨時閣議が開催され、憲法の「大統領有故」の規定にそって対策がとられた。キム部長はミン大佐とチュ課長への信頼はあったものの彼らの部下の動きはぶれていた。目撃者のヤン秘書室長からもれた情報でキムは逮捕される。翌日、戒厳指令部が設置され大統領暗殺捜査本部が発足し、その指揮をとるのがチョン・ドファン(全斗煥)少将なのである。
 68年には北朝鮮のゲリラ部隊に大統領官邸を襲撃未遂事件や、74年に光復節の祝賀行儀で、在日韓国人文世光による銃撃事件がありパク大統領は無事だったが陸英修夫人が死亡するという事件があった。パクチョンヒ自身は戦前の日本の植民地時代、貧しいながら大邱師範学校を卒業し教師となっていたが、満州国軍の新京軍官学校に学び後に日本の陸軍士官学校に留学している。この作品でも、キムがつぶやく高木正雄というのが、パクの日本名だ。それと、キムが時折り、話す日本語。もちろん彼も戦前の日本語教育をうけているのだろうから、話せると思うのだが、何か自らの決意を鼓舞するものとして使われているように思えた。それにしても、キムの行動の曖昧さ、なぜヤン大統領秘書室長ら目撃者をそのままにしておいたのか、他の人々は情け容赦なく殺しているのににもかかわらずだ。それに、もし自らが権力掌握を考えていたのなら、次の一手が甘すぎると思う。それとも、いまだにささやかれている、米CIAの関与など、真実は本当は明らかになっていないはずだから。その後の光州事件などをみても、このあたりの情況が立体的に把握することができた。


監督:イム・サンス
出演:ハン・ソッキュ 、 ペク・ユンシク 、 ソン・ジェホ
2006年韓国映画  上映時間104分
スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31