FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
帝銀事件 死刑囚
 戦後まもない1948年1月26日午後3時過ぎ、豊島区にあった帝国銀行椎名町支店に一人の男が訪れた。彼は東京都の腕章を巻き、支店長代理の行員に東京都衛生課員で、厚生省医学博士の名刺渡した。近所で赤痢が発生しており、進駐軍の命によって先行して予防薬を飲むようにと指示。当時の支店は住み込みの家族も住んでおり、子どもも含め16名が一堂に集められ、東京都衛生課員による薬の飲み方が説明された。彼によれば、まず最初に茶碗に駒込ピペットで取り分けた予防薬を、歯の琺瑯質を傷めないようにまず舌を口から出しその上にのせて確実に舌禍するようにと自らもやって見せた。つぎに、中和薬という第2薬を飲むようにというのだった。そして16名は一斉にこの薬を飲み込んだ。すると、皆台所や風呂場に向かった。彼らは次々に倒れ込み、その場で絶命していった。そのなかで、一人の女性行員が必死で表に出て、通りすがり人に助けを求めた。当初、集団食中毒の感染と思い込んだ警察の初動捜査は遅れた。しかし、病院に運ばれた4人も一人が死亡し、結局13人が死亡し、犯人は現金と証券等18万円を奪って逃走した。警察はすぐさま捜査本部を立ちあげ、新聞各社も一斉に取材を開始した。昭和新報警視庁詰めの、大野木、笠原、武井らは総力あげて取り組んだ。警察も犯人の毒物を扱う手際の良さに注目し、旧陸軍の731部隊等の関係者によるものと睨んでいた。昭和新報の武井らもここに目をつけ、ついに旧731部隊の将校であった佐伯に会うことができた。彼はかたくなに昔のことを語ろうとしなかったが、やがて重い口からアセトンシアンヒドリンという青酸化合物が中国で使われたことがあったことを語った。ところが、進駐軍からは、731部隊関係については表には出さぬよう圧力がかかってきた。そうしたなか、警察は名刺について捜査していた一団が厚生省医学博士の名刺を渡された画家平沢貞通を逮捕するにいたった。平沢は帝銀にはまったく関係ないとの証言をしていた。しかし、彼は銀行で詐欺をしたという事実がでてきた。それと精神的に不安定のなか、虚位に自白をする。そして、裁判では平沢に死刑判決が出された。以後、最高裁まで争われるが、ついに死刑が確定してしまう。
 後に明らかになるのだが、平沢の所持していた高額の金は小樽の裕福な事業家からの依頼で「春画」を描いていた報酬であった可能性もあるということだ。さらに、平沢の精神的に不安定な状態が、実は「狂犬病予防接種」の影響によるものだということも言われている。それより、基本的には、あのような事件を手際よくやれるのは、731部隊関係者等によるという見方は納得がいく。この事件は単に冤罪というよりは、731部隊の握る軍事機密をアメリカが当時のソ連を出し抜き独占するための政治的背景があったことは否めない。そうした意味で、現在でも見るべき作品ではないだろうか。


監督:熊井啓
出演:信欣三 、鈴木瑞穂 、内藤武敏、笹森礼子
1964年日本映画  上映時間108分
スポンサーサイト



テーマ : 日本映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -