FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
夕凪の街 桜の国
 1953年広島、平野皆実は26歳小さな会社の事務員をしていた。彼女は中学生の時被爆していた。父は勤めていた会社ごと潰されて死に、妹の翠は皆実が背負い焼け野原を歩いているなか、姉に「長生きしてね」と言って息絶えた。母フジミとようやくのことで再会した皆美は二人で細々と生きてきた。二人でこつこつと貯金をし、皆実の弟旭に会いに行こうとしていた。彼は、戦争が激しくなりただ一人の男の子ということもあって、水戸にいるフジミの妹の家に疎開していて原爆を逃れ、今ではそこの養子になり、石川旭となっていた。そんななか、皆実に好意をよせている打越から告白される。しかし、皆実には死んでいった妹をはじめ多くの人たちの声が聞こえてくるような気がした。そして、「私は幸せになってはいけない」と死者への負い目から、そのように言うのだった。でも、打越はそんな皆実に「生きていてありがとう」と言う。そんななかで、皆実が伏せってしまう。打越や会社の同僚たちが見舞いにくるが、いっこうに回復しないでいる皆実。夏休みということもあって、旭が水戸からやって来た。暫く振りで再会したものの、ついに力尽きて亡くなった皆実。旭は、母を一人にしておけないということで、広島の大学に入学した。卒業後、近所の女性と結婚し、母フジミともども上京した。やがて二人の子どもが生まれた。元気な姉七波と弟の凪生だ。しかし、兄弟の母は42歳の若さで亡くなっていた。彼女も胎内被爆していたのだった。そして、退職した父旭がある夜黙って家を出て行った。不審におもった七波は後をつけ、駅で偶然であった中学の同級生利根東子とともに父旭の乗った広島行きの夜行バスに乗ったのだった。そこで、亡くなった伯母の皆実や祖母フジミの生きた時代を追体験する。 広島に原爆を投下したことの悪意には怒りを感じつつも、同じに被爆して生きていることへの「負い目」を感じてしまう皆実は、「父と暮らせば」の美津江と同じような思いだったのだろう。現代では、広島、長崎の記憶がややもすれば薄らいでいってしまっているような気がする。世界で唯一の被爆国としてこの事実と実態を絶対に忘れることなく伝え、反戦と平和の礎を強固なものにしていく責務があると思う。そうした思いを触発される作品だ。

監督:佐々部清
出演:田中麗奈、麻生久美子、藤村志保
2007年日本映画 上映時間:118分
スポンサーサイト



テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -