FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/12
≪11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   01≫
アメリカン・ギャングスター
 1968年、ニューヨークのハーレム暗黒街を仕切っていた黒人バンビー・ジョンソンが心臓発作で急死した。彼の側近でその死の現場に居合わせたのが、フランク・ルーカスだった。彼はバンビーからいろいろ教えられ、服装も決して目立ったものは着ていなかった。しかし、ボスの死でのさばってくる者もいたが、フランクは麻薬を産直で手に入れようと考えた。そして、時あたかもベトナム戦争の真っ最中で、戦場での恐怖から米兵たちが現地の麻薬に手を染めるというニュースを見て、フランクはタイに全財産を持って飛んだ。そして、奥地のケシ畑にまで行き、そこから100キロもの麻薬を仕入れることになった。それを、義理の従兄弟で白人の米軍人ネイトを通じて、軍用機でアメリカに持ち込むことに成功した。そして、仕入れた麻薬はそれまでの出回っていたものの2倍の純度で、しかも値段は半額ということにした。こうしてフランクはたちまち、ハーレームに君臨しイタリアン・マフィアとも手を結んだ。それでも、用心深いフランクはできるだけ目立たぬよう振る舞っていた。しかし、やがて結婚する恋人のエヴァと、モハメド・アリの世界戦を観に行った際彼女から贈られた毛皮のコートと帽子をかぶっていった。それに、目をつけた人間がいたリッチー・ロバーツというエセックス郡麻薬捜査特別班の責任者だった。彼は元は警察官だったが、ある捜査でニューヨークのギャングが隠していた秘密の金100万ドルを見つけ署に届けたのだった。しかし、当時警察は、ギャングとの癒着が横行し、そうした金を見つけたら当然ねこばばするのが大半だった。そうしたなか、正直に金を届けたことでかえって警察内部からは浮いてしまった。そんなリッチーに声をかけたのがエセックス郡の検察だった。彼を責任者に麻薬を扱うギャングを撲滅しようとしていた。ただ、リッチーは女性関係が派手で離婚調停中だった。それでも、彼は夜学に通い、司法試験にも挑戦していた。そして、目をつけたフランクの周辺から、彼が捌いている麻薬が「ブルーマジック」と呼ばれた小分けしたものだということを突き止めた。フランクは、故郷のサウス・カロライナから呼び寄せた兄弟や従兄弟たちにも仕事を手伝わせ、ほんの数年で巨万の富を稼いだ。しかしベトナム戦争が終焉を迎えようとし、最後の麻薬を戦死した米兵の棺に隠して持ち込もうとするが、リッチーも何とか立ちはだかろうとするのだった。
 実話をもとにした映画で主人公の二人は現在もアメリカのテレビに出たこともあるという。人種差別もあって、白人のマフィアたちが産直の麻薬ルートを確立することができなかったものを、ものの見事にやってのけたのが黒人だったということを、素直に受け入れないといった場面も出てきたし、ベトナム戦争の一方で公民権運動もあり黒人への差別撤廃にむけた運動もあった時代のことだ。虐げられた黒人たちのやり場のない、追いつめられた状況のなかで、つい麻薬に手を染めるということがあったのだろう。しかも、いくら安いとはいえ、これを手に入れるための金を得るため強盗など犯罪に走る者も多くいたことは想像にかたくない。さらに、本来はこうした麻薬を根絶するための組織であるはずの警察ギャングたちに買収され、そのうえ上前をはねることまであったというのだから、救われない。ただ、映画はリドリー・スコット監督の職人技で一気にみせてくれる。


監督:リドリー・スコット
出演:デンゼル・ワシントン 、ラッセル・クロウ 、キウェテル・イジョフォー
2007年 米映画 上映時間157分
スポンサーサイト



テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -