FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2018/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
母べえ
 1940年2月、東京で一家4人つましく暮らしていた野上家に特高警察が夜も明け切らないなか、突如押しかけ土足で踏みにじり、野上滋を治安維持法違反で逮捕していった。残されたのは、妻の佳代、長女初子、次女照美で、一家は互いに父べえ、母べえ、初べえ、照べえと呼び合っていた。滋はドイツ東京帝大出身のドイツ文学者であったが、その思想ゆえに今は大学での教鞭をとることができず、著作も検閲ではねられ生活は苦しかった。滋の逮捕を知ったかつての教え子、山崎徹は面会等の具体的な方策について知らせにきたのだった。彼は、その日から男手のない野上家を何かにつけて支え続けた。佳代は町内会長の口添えで小学校の代用教員として働くことになった。滋の妹久子は郷里の広島から上京して美術学校に通っており、彼女も、佳代と幼い姪たちを支えてくれた。一方、佳代の父は郷里の山口で元警察署長をしていた関係で、上京してきて滋と離婚するよう佳代に迫るのだった。しかし、佳代は離婚の意思はないと言い切り勘当されてしまう。そうしたなか、奈良から佳代の叔父が上京してきて、野上家に滞在した。町では「ぜいたくは敵だ」という看板を掲げ、少し目立った服装をする女性を呼び止め注意するという時代だったが、奈良の叔父は「女性がきれいに着飾るのは当たり前」と言い、指にはめていた金の指輪を国に供出するように求められても、断固として拒絶していた。そうして、翌年の暮れついに太平洋戦争へと突入していった。ますます、暮らしにくくなるなかでも、野上家の母子は父との文通で心を通わせていた。そして、彼女たちを支えてくれた久子は郷里の広島に帰り、山崎も本来は丙種で徴用されないのだが、ついに赤紙が来て戦地に赴くことになった。
 私など「ALWAYS 3丁目の夕日」で、あの当時を懐かしんだ者の一人だが、この「母べえ」の時代から20年も経っていないんだと感慨深かった。特高、治安維持法という思想を裁くという体制の怖さがひしひしと伝わった。滋の恩師の帝大教授の体制に従順な対応で非難がましい態度や、佳代の父の対応に対して毅然とした佳代の姿には胸が打たれた。つましくも肩を寄せ合い必死に生きている家族愛が浮き彫りにされ、一方でやりきれないひどい時代が克明に描かれていた。当時の子どもたちが、トラホーム(流行性の眼病)に罹っていたといった微細な状況も再現されていた。初べえ、照べえのふたりの子役たちはよくやっていたと思う。


監督:山田洋次
出演:吉永小百合、浅野忠信、檀れい、板東三津五郎
2008年日本映画 上映時間132分
スポンサーサイト

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。