FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
アイアム・レジェンド
 2009年、テレビニュースで女性医師がインタビューに答え、がんの治療ワクチンを開発し、これまでに19,000人もの人を治療したことが放送された。この3年後、ニューヨークにはロバート・ネビルが愛犬のサムだけがいた。人はすべて、悪性のウィルスに感染して死に絶えてしまったいた。それで、ネビルは無人のニューヨークをスポーツカーに乗り疾走していた。そして、昼には港に行きそこから中波のラジオで他の生存者がいないか呼びかけていた。しかし、腕時計のアラームが鳴ると急いで自宅に帰り、鋼鉄のシャッターで二重に戸締まりをするのだった。3年前、ネビルは米軍の中佐で細菌の研究をしていた。そして、がんワクチンで治療した人たちが謎の死をとげ、そこから変異したウィルスが蔓延していった。その感染力はすさまじく、たちまちニューヨークを席巻していった。そこで、大統領令によってニューヨークマンハッタン島を封鎖するということになった。ネビルは妻と娘をやっとのことでへりに乗せ避難させ、自分はニューヨークに残りウィルスと闘う決意をしていた。それから、ほとんど全ての人間が死に絶えたのだった。こうしたなかで、孤独に耐え一人ウィルスの研究を続けていた。そして、ついにネビルが暗闇を恐れる理由が明らかになる。それは、感染者の一部が生き残り身体に変調をきたし、運動能力は飛躍的に高まったが人間的な思考能力や言語能力が失われ、凶暴化していた。そして、弱点として紫外線に弱く、昼間は建物の奥深く暗闇に身を隠しているのだった。そうしたなかで、いつもと違う風景にめを見張るネビル。これが、ひとつの転機となっていく。
 今回で3度目の映画化だという作品だが、バイオハザートシリーズとも共通するような設定
で、悪性のウィルスによって人間が死滅していくというもの。些細なストーリー展開で首をかしげるところもあるものの、まっいいかと思った。最後、神のお告げとかといったところはやはり違うとも感じた。


監督:フランシス・ローレンス
出演:ウイル・スミス、ダッシュ・ミホク、 サリー・リチャードソン
2007年 米映画 上映時間:100分
スポンサーサイト



テーマ : 映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30