FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
敬愛なるベートーヴェン
 1824年、音楽工房写譜師シュレンマーは音楽学院に優秀な学生を寄越してくれと要請した。すると、彼のもとに来たのはアンナ・ホルツという女性だった。彼女は音楽学院の主席で作曲家志望だった。シュレンマーは今度の写譜はベートーヴェンで、交響曲第9番の初演まで後4日しかないというのだった。でも、アンナはベートーヴェンと聞いてぜひやりたいと思うのだった。そして、写譜をやり終え、ベートーヴェンのアパートに行くと、コピスト(写譜師)が若い女性であることに驚きながら、写譜を見て自分の書いたものと違うと言う。するとアンナは「あなたならこうするのではと思った」と言う。このやりとりで、彼女の並々ならぬ才能を見抜いたベートーヴェンは彼女に写譜を任せたのだった。しかし、ベートーヴェンはその頃難聴になり不自由ななかでの作曲活動をつづけており、生来の気むずかしい性格と天才特有の変人ぶりにとまどうアンナ。独身のベートヴェンは甥カールを溺愛し、彼をピアニストにしようとしていたのだが、才能のない彼は博打に明け暮れ、叔父に金を無心する日々だった。いっぽう、アンナのがんばりもあって無事第九の初演を迎えたのだが、耳の不自由なベートーヴェンは、指揮をする際タイミングを外してしまう恐れから落ち込んでいた。そこでアンナが客席から呼ばれ、バイオリン奏者の間に入り込みベートーヴェンに指揮の合図を送ることになった。やがて、交響曲では例のない合唱がはじまり観客たちは歓喜と感動の渦に巻き込まれた。演奏を終えた後の大拍手にも気がつかないベートーヴェンを振り向かせたアンナ。ほっとしたところで、彼女の書いた曲をけなすベートーヴェンに激怒するアンナ。彼のもとをさったアンナに謝罪し、再び新しく「大フーガ」を書き始めた彼を支えたアンナ。しかし、この曲が不評でショックから倒れてしまうベートーヴェン。
 ベートーヴェンを描いた映画には「不滅の恋」があり、こちらは彼の恋愛がテーマだったが、やはり晩年の難聴になってからの作曲をする場面では、耳をピアノにくっつけるにしていた。今回は頭の後ろにセーラー服の襟を立てるような感じの金属を当てていたりしていた。それにつけても、実際の音が聞こえなくても作曲できるというのも天才ゆえのこととはいえ、驚愕以外言いようもない。それにしても、年末は第九の演奏会が恒例となってしまったが、この初演の場面がなんといって圧巻だ。アンナとの関係も師弟とも恋愛とも入り交じった不思議なもので、女性監督ならではの趣が出ていたと思う。

監督:アグニエシュカ・ホランド
出演:エド・ハリス,ダイアン・クルーガー2006年米・独映画  上映時間104分
スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。