FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2016/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポットライト 世紀のスクープ
 冒頭、1970年代のボストンでカトリックの神父が警察に連行された。しかし、神父は教会からの迎えの車に乗り、帰っていった。時は移り、2001年ボストンで一番発行部数の多い「ボストン・グローブ」紙に新任の編集局長のバロンが着任した。彼は、噂ではリストラを断行するために来たということだった。ところが、彼はいきなりカトリックの神父による子どもたちへの性的虐待について取り上げようというのだ。この件には社内でひとつの事件を掘り下げて取材する「スポットライト」のチームに託された。チームはロビーをキャップにマイクとサーシャ、マットの4人だ。そして、ある神父の虐待を告発する弁護士にマイクは接触する。さらに、グローブ紙の記録から、神父による虐待事件の記事から調査を始める。さらに、かつて虐待問題について資料をグローブ紙に送ったという当事者団体の代表とも会う。しかし、ボストンの市民の半数はカトリックの信者であり、教会がらみの取材では、なかなか協力が得られない。それでも、地道に取材と調査を重ねていくと、数十人の神父が関わっていたことを突き止める。取材班は犠牲者とも面談をするが忌まわしい過去を思い出し泣き出す人もいる。さらに、過去を恥じ、自死した人々もいた。こうして、彼らの努力は報われ、グローブ紙が提訴し、これまでの記録の開示を勝ち取り、とうとう新聞紙上に掲載することができ、大反響を得た。
 このスクープ以降全世界で、カトリック神父による各国で性的虐待の状況が明らかになった。こうした隠蔽ともみ消しの体質に対し、2013年ローマ教皇となったフランシスコは、今後こうした事態に対して断固たる対応をとると明言した。この作品で明らかになったのは、虐待を繰り返していた神父たちは貧しい家の子をターゲットにしていたという。この子どもたちにとって神父は神と同義で彼らに親切にされると、天にも昇る気になり、言われるままに様々な要求に応えていくのだという。ボストン紙によるスクープがなければ、こうした虐待の状況はまだ続いていたかもしれない。それにしても、現在日本のマスコミは、戦前の戦争協力体制に雪崩をうって荷担していった過去の反省を忘れ、自ら権力にすり寄り、かれらの意向を忖度するといった姿が目立っている。少しはきちんと対応をしてもらいたい。そうは言っても安倍と食事会をするようなマスコミ中枢の連中が多く、真っ当に仕事をする記者たちがいても潰されていくのだろう。
 
 

監督:トム・マッカーシー
出演:マーク・ラファロ、マイケル・キートン、
レイチェル・マクアダムス、リーヴ・シュレイバー、ジョン・スラッテリー、ブライアン・ダーシー・ジェームズ

2015年米映画                     上映時間:128分

続きを読む

スポンサーサイト
ルーム
 先月末、朝霞市の行方不明だった女子中学生が二年ぶりに発見され、日本中を驚かせた。本作はアメリカで起きた同様の誘拐監禁事件を元に製作されたもの。とある住宅街の中にある小さなワンルーム物置に二人の母子が暮らしていた。母ジョイと5歳の息子ジャックの二人だった。ジャックは生まれてから一度もこのルームから出たことはなかった。二人は、毎週この部屋に来るニックに、食料などの必需品を揃えてもらっていた。ジョイは7年前、17歳の時ニックに言葉巧みに騙されて誘拐されたのだった。それから7年間に渉り監禁され続けたのだった。ジャックは女の子のように髪が伸びていた。二人は運動不足を解消するため、ストレッチをし唯一の情報源であるテレビを見たり、本の読み聞かせで過ごしていた。ジョイは、かつて脱出を試みたが、結局はニックに暴行されてしまったのだった。部屋には電子ロックが内と外にあり、ニックだけが部屋に来るのだった。ジャックが5歳の誕生日を迎えて、再度脱出を実行しようと決意するジョイ。それは、「モンテクリスト伯爵」をまねて、ジャックを逃がそうとするものだった。計画は何とか成功し、ジョイも救出される。しかし、駆けつけた両親は、離婚していた。7年間も監禁生活を強いられたジョイは、神的に追い込まれていった。一方、ジャックもまた、現実世界に時間をかけて少しづつ慣れていった。
 生まれてから、ジャックの全世界は「ルーム」の中だけで、外界が見えるのは部屋の天窓か見える空だけだった。さらに、現実世界とテレビで見る世界と関連づける困難さが描かれる。かつて、アメリカのニュース再現のテレビ番組で、モデルの親子の放送を見た。映画では、被害者の女性の両親が離婚し、会いに来た父親が自らの孫ジャックの顔を直視しないという場面があった。この父親は娘に起こった事態を受け入れることができないことで、結局この家から早々に帰っていくあたりに、被害者はどれぐらいになるのだろうかと、思った。


監督:レニー・アブラハムソン
出演:ブリー・ラーソン、ジェイコブ・トレンブレイ、ジョアン・アレン、ショーン・ブリジャース、ウィリアム・H・メイシー、トム・マッカムス

2015年米映画                              上映時間:118分
プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。