FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2016/03
≪02  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   04≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あん
 酒場で働いていた千太郎は、酔っ払いの客の喧嘩を仲裁しようとして、逆に自らが暴力を振い、傷害罪で刑務所に入っていた。出所後、世話になった人が経営していたどら焼き屋「どら春」を引退すにあたって、後をまかされていた。近くに学校もあり、何とかやれていた。ある春の日、店に高齢の女性が貼ってあった「アルバイト募集」の紙を見て「雇ってもらえないか」と訪ねてきた。千太郎はけっこうきつい仕事だから無理だと断り、どら焼きを1個渡した。しかし、その女性は数日後、自分が作った「あん」を持参して食べてみてと言う。そのあんを食べて、千太郎は驚いた。とてもおいしいのだ。そこで、千太郎は、これだと思い、彼女を雇うことにする。その女性は吉井徳江といい、「あん」作りに専念することになった。というのは、徳江は病気で指が変形していて、接客は無理だと判断したからだ。徳江は、千太郎にあんの作り方を一から伝授する。それは、あずきの持っているうまみをやさしく引き出すというものだった。このあんの評判はよく、売上げも順調に伸びていった。この店の常連の中学生ワカナは母子家庭で、経済的に厳しい状態に置かれていた。そのため、「どら春」に級友と寄り、どら焼きを食べワカナだけを残し、他は塾に行くのだった。ワカナは帰宅する際、どら焼きの皮の失敗作を貰っていた。ある日千太郎は、店のオーナーから徳江がハンセン病ではないかという噂があるので、辞めてもらって欲しいというものだった。こうして、店を辞めた徳江だった。ある日、ワカナがマンションで飼っていたカナリアを持ってどら春を訪ねてきた。そして、千太郎に徳江の元に一緒に行って欲しいと頼むのだった。残された徳江の住所は、ハンセン病の元療養所だった。そこで、すっかり老け込んだ徳江と親友の佳子が迎えてくれた。二人は療養所で和菓子作りをしていたのだ。ワカナは徳江にカナリヤを飼って欲しいと頼み、二人は帰宅した。その後、療養所を訪ねた千太郎とワカナは徳江が亡くなっていた。徳江は千太郎に、カセットテープに声の便りが残されていた。
 どりあん助川の原作を数年前に読み、これはいいと思った。今回これを河瀬直美監督によって映画化された。原作同様ハンセン病に対する偏見と元患者たちのやるせない状況が描かれている。キャストも樹木希林と孫の内田伽羅、さらには浅田美代子が「時間ですよ」以来の樹木との共演ということも思い起こされた。それはさておき、日本では法律で、ハンセン病患者は強制隔離され、療養所に収監されてきた。戦後の1947年にはプロミンという特効薬が使われ、患者は完治したものの、1996年までいわゆる「らい予防法」は存続していた。こうしたなかで、厳しい差別の結果元患者は名前を変えたり、療養所をでても家族が受け入れてくれないなどの差別存在した。こうした現実を踏まえてのこの作品は、これまでの邦画の伝統を踏まえ、低予算であっても、きちんとした主題を訴えていて評価できよう。前回述べたように、現在多くの邦画の酷い状況とは一線を画す作品だと思う。
 

監督:河瀬直美
出演:樹木希林、永瀬正敏、内田伽羅、市原悦子、水野美紀、浅田美代子

2015年日、仏、独映画                     上映時間:113分
スポンサーサイト
進撃の巨人 前・後編
 かつて、突然巨人たちが出現し、人類の大半は食われてしまう。このため、文明は崩壊しまし、残った人類は高い壁を三重に築き、その内側で暮らし始めた。一番内側は富裕層が、二番目は商工地区、三番目は農業地区となっていた。
幼い頃両親を亡くしたエレンは、職場を転々としていた。親友のアルミンは家業の農業を継ごうとしていた。エレンの恋人ミカサはあてもなく過ごしていた。ある日、3人は丘の上に登り、不発弾を眺めていた。すると、不発弾に海をバックにしたビキニ姿の女性が描かれていた。3人は、海が実在すること知り、壁に登って外の世界を見てみよう試みる。しかし、壁を守るソウダに制止されてしまう。すると、突如壁から巨人が顔を出し、壁の一部を壊してしまう。すると、そこから大勢の巨人が侵入してきた。そして大勢の人間が巨人に食われてしまった。エレンはミカサと逃げたが、一人取り残された赤ん坊を助けようとしたミカサは姿を消してしまった。2年後生き残った人々は、調査隊を結成し巨人との戦いにのりだす。エレンとアルミンも調査隊に入った。隊にはジャンや、力持ちのサンナギ、子持ちの女性のヒアナなどがいた。訓練を終えた調査隊は、夜間に出発した。休憩時間中に赤ん坊の声を聞いたヒアナが、廃墟に入るとそれは巨人の赤ん坊だった。すると、巨人たちが現れるが、そこにシキシマとミカサが現れて、次々に巨人を倒していった。ミカサとの再会を喜ぶエレンだったが、ミカサは腹に巨人に食われた大きな傷跡があり、シキシマと親密そうだった。アルミンは大食いの美女サシャと仲良くなる。調査団長クバルは、残っていた爆薬をトラックに積み込み壁の穴を塞ごうとしようとしていた。しかし、トラックは何者かに奪われ、爆発してしまう。周りを囲まれた調査隊は行き場を失い、エレンは巨人と闘うことを決意する。そして、アルミンが巨人に食べられようとするところを助けるが、エレンはは巨人に食われてしまう。そして、今度はミカサが危機に陥っていたところ、エレンを食べた巨人から別の巨人が現れ、巨人を次々と倒していった。
この巨人こそエレンの姿を変えたものだった。
 続編のエンド・オブ・ザワールドではエレンの小さかった頃のエピソードが描かれ、父親からある注射を打たれた後、秘密機関に襲われる。その時、エレンを助けたのがソウダだった。そうした過去を持っていたこともあってか、巨人に変身したエレンはクバルに「お前は巨人か人間かと責められる」。危うく殺されそうになったエレンを助けようとしたソウダが殺されてしまう。すると、鎧型の巨人が現れ、クバルたち政府軍を一掃してしまう。そして、エルミン、ミカサ、ハンジたちはかろうじて逃げ出した。一人エレンだけは鎧型巨人に連れて行かれた。エレンが目を覚ますと、そこは白い部屋だった。そこに現れたシキシマが巨人の謎について語った。それによると、巨人は人間が作り出した人間だという。それは、兵器として作られたが、巨人になれなかった者が自ら壁の中に籠もったという。そして、わずかな支配者たちだけが巨人の秘密を握り、今回の巨人騒動も政府による自作自演だった。そして、シキシマは政府の支配から解放しようと革命を起こそうとしていた。シキシマから革命のためには現在の人間の犠牲もやむを得ないという主張に対抗してエレンはシキシマと対決する。すると、シキシマが鎧型巨人に変身した。エレンも巨人に変身して二人は闘う。こうして、死力戦が展開する。
 原作は知らないが、あえて映画化し、しかも最近の邦画で流行の前後編と2作に分けての公開なのだが、2作あわせて185分なので、初めから1本にまとめることも可能だったろう。CGや特撮については、初めから期待していないのでとやかく言うつもりはない。ただ、キャストというか演技人のひどさはどうしょうもない。こんな程度の映画では、情けなさはどうしようもない。現在の邦画はテレビのリメイクとか本作同様コミックの映画化が主流となっている。しかも、ジャニーズやAKB、エクザイルなどが主役といったものばかりで、最初から興味もわかないものばかり。とは言え、お隣の韓国でもけっこうコミックやリメイクものがあるが、アクションものは日本より迫力もあり見応え十分な作品がけっこうある。せめて、日本でももっとがんばって欲しいという思いで一杯だ。本作も情けないということしか残らない。


監督:樋口真嗣
出演:三浦春馬、長谷川博己、水原希子、本郷奏多、三浦貴大、桜庭ななみ、石原さとみ、ピエール瀧、國村隼

2015年日本映画                   前編98分、後編87分
リリーのすべて

続きを読む

マネー・ショート 華麗なる大逆転
 2005年、金融トレーダーのマイケルはヘッドホンでヘビメタを聴きながら、不動産抵当証券の事例を何千も調べていた。そこで、返済の見込みが少ない住宅ローンを含む金融商品(サブプライム・ローン)が数年以内に債務不履行に陥る可能性があることに気付いた。しかし、この予測は、ウォール街の銀行家や政府の金融監督機関から相手にされなかった。そこで、マイケルはクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)という金融取引に目をつけた。マイケルの戦略を知ったウォール街の銀行家ジャレットはヘッジファンドマネージャーのマークを説得して、CDSに大金を投じるように勧めた。さらに若い投資家の二人によって資金を提供しCDSに参加する元銀行家のベン。ディスプレイを細かくチェックするマイケルを除いて、ジャレットとベンは彼らのスタッフを使い、サブプライムローンのバブル状況を調査する。すると、ローンは犬の名前でも融資が受けられるという超ユルユルの審査で、当面の返済利率が低く設定されている。それで、金利が上がる頃には不動産の価値が上がり、住んでいる住宅が買い入れ価格より遙かに高く売れるという話を当事者たちが皆信じているということを知る。しかもサブプライムローンの中身が、返済が難しい相手にも売っているという事実に驚愕してしまう。
三年後、住宅ローンの破綻をきっかけに市場崩壊の兆候が表れ、マイケル、マーク、ジャレット、ベンは大勝負に打って出る。この結果金融破綻が表面化し、世界を巻き込んだ危機が表面化した。
ベンを頼った二人の若い投資家は、一攫千金を現実のものとしようとしてはしゃぐが、ベンが「この裏では、多くの人々が職を失い、家をなくすということになるのだから、はしゃぎすぎるのはどうかと思う」と言い放つ。あのリーマンショックの裏側を描いた本作は、専門用語が飛び交い、結果はわかるのだが、どういう仕組みというところまでは、正直あまりよくわからなかった。それでも、圧倒的多数がこんな現実が将来するとは思っていなかっただろうことを見つけて、金融界のルールに則って巨万の利益を得るという。誰もが後になれば、そうだと思ってしまうものだが、世間の冷ややかな目に対抗して我が道をゆくことが、成功につながるということなのだ。


監督:アダム・マッケイ
キャスト:クリスチャン・ベイル、スティーヴ・カレル、ライアン・ゴズリング、ブラッド・ピット、メリッサ・レオ、ハミッシュ・リンクレイター、ジョン・マガロ

2015年米映画                        上映時間:130分
オデッセイ
 火星探査アレスⅢ計画で作業に従事していた6人のクルーは、激しい嵐が到来することに気づいた。すぐに退避しなければならないという警告が発せられる。まだミッション半ばということもあり、様子見をしようとする意見が多かったが、ハーミス号に乗り移ることになった。その途中、ワトニーにアンテナが直撃し、吹き飛ばされてしまう。ルイスは彼を探そうとするが、全く前が見えない状態だし、ロケットが傾きこれ以上判断を躊躇すれば、火星から飛べなくなってしまうところまできて、船長の判断でエンジン点火となり、かろうじて火星から離陸できた。報告を受けたNASAではサンダース局長が、ミッションを達成できたが、ワトニー飛行士が行方不明になり、生存の見込みがないと発表した。ワトニーは、酸素がなくなるという警告で目を覚ました。腹部にはアンテナが刺さっていた。何とか居住ベースに戻り、アンテナを引き抜き縫合した。一息つくと、今後のことを考えた。地球に連絡をとることができたとしても、救出ロケットが来ることになっても、最低4年はかかることになる。現在基地にある食料も全部かき集めても1年分しかない。そこで、彼はあれこれと考えを巡らす。幸いにも彼は植物学者であり、食料のなかからジャガイモを見つけ、これを栽培しようと思い立った。しかし問題は水の生成だった。それはヒドロジンを加熱することによりできた。あとは、基地内にスペースを作り、火星の土を敷き詰め残されていたクルーの排泄物を肥料にしてジャガイモの栽培をおこなった。こうした孤独の作業をしていていたワトニーは、ある日NASAのエンジニアのミンディが火星の基地で動く物体に気がついた。報告を受けたこの計画の統括責任者ビンセントは、火星の監視を強化するように命じた。食料の生産の見込みができたので、ソーラーや予備電源でローバー(探査車)を使って、かつて使用していた探査装置を掘り起こし、地球との通信を試みた。すぐに、ビンセントたちも気がつき、古い装置に新しいプログラムで対応させ、キーボードでの通信が可能になった。ハーミス号のクルーたちが、ワトニーの生存を知ったのは、地球への帰還がまもなくというところだった。順調にみえたワトニーの計画だったが、あるときエアロックが壊れ、ワトニ-のヘルメットにも亀裂がはいるという事故が起きてしまう。せっかくのジャガイモ畑も一瞬で凍りつき全滅してしまう。残ったジャガイモを食いつないでも、後300日分しか残っていない。そこで、NASAは急遽彼への物資を送るためにロケットを打ち上げるが、急ごしらえもあり途中で爆発してしまった。すると、宇宙力学の学者であるリックがある計算をしてビンセントに伝える。それは、ヘルメスのクルーが地球に帰還せず、再び火星に向かい、ワトニーを救出し、その岐路中国の探査船から補給を受けて地球に帰るというものだった。この計画を実行しようとするビンセントの上司のミッチはサンダース局長に進言する。しかし、彼は躊躇する。ワトニーの救出にクルーが向かい失敗すれば彼らも犠牲になってしまうからだ。結局、サンダースはこの計画を却下してしまう。すると、ミッチはこの計画をハーミス号に送る。彼らはNASAの命令違反になっても、やろうという合意に達し、再び火星に向かうのだった。
 火星に一人で取り残されてしまい、なかなかポジティブには生きられないものだが、彼には知恵と知識があり、工夫して難局に立ち向かう。
こんな風にできるものかなと思いつつも、結局一気に見せてしまう。さすが、宇宙ものにも強いリドリー・スコット監督だ。ただ、宇宙空間でのキャッチは「ゼログラビティ」でもそうだったが、あんなにうまくいくはずがあるまい。それを差し引いても、見応え十分。


監督:リドリー・スコット
出演:マット・デイモン、ジェシカ・チャステイン、ケイト・マーラ、キウェテル・イジョフォー、クリステン・ウィグ

2016年米映画                           上映時間:144分
ヘイトフル・エイト
 南北戦争から10年後のワイオミング。雪の中を走る一台の馬車があった。すると雪の中、一人の男が立ちはだかった。男はかつて北軍の少佐マーキスで、現在は賞金稼ぎをおこなっていた。馬車の中には賞金稼ぎのジョンが乗っていて、レッドロックの町に女性殺人犯デイジーを護送中だった。そこで、マーキスが射殺した手配犯も馬車に乗せて、先を急いだ。すると、今度は元南軍のクリスが馬が倒れたということで一緒に乗った。そして、吹雪がひどくなってきたので、中継地点のミニーの店で休むことにした。すると、店には見知らぬ留守番司会なかった。違和感を持ったマーキスは用心する。店には絞首刑執行人オズワルド、カウボーイのジョー、 南軍将軍サンフォードがいた。こうして合計8人で、吹雪の夜を過ごすことになった。この後、8人は恐怖の夜を迎える。最初はかつて、戦場で相対したことのあるマーキスとサンフォードだったが、がマーキスのある告白で撃ち合いになり、サンフォードが死んでしまう。その後、残った連中の関係や自己紹介が嘘で固められていて、次々に殺人がおこなわれていく。 これまでタンティーノ監督作品に出演したことのある俳優陣が一同に介して密室に閉じ込められて殺し合いをするという作品。南北戦争後の世相を反映させてか、黒人への差別表現が満載だが、前作「ジャンゴ 繋がれざる者」でも同様だった。それと、本作の音楽はかつてマカロニ・ウエスタンで一世を風靡したエンニオ・モリコーネが担当している。さらに美術監督に種田陽平が起用され、撮影にはウルトラパナビジョン70が使用されたという。少し長いが、これも作風だと思って観ていた。


監督:クエンティン・タランティーノ
出演:サミュエル・L・ジャクソン、カート・ラッセル、ジェニファー・ジェイソン・リー、ウォルトン・ゴギンズ、デミアン・ビチル、ティム・ロス、マイケル・マドセン、ブルース・ダーン、チャニング・テイタム

2015年米映画                    上映時間:168分
プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。