FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2015/12
≪11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   01≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
予告犯
 ネットの生中継で新聞紙の仮面を付けた男が「明日の予告を教えてやる」と言い、これから起きる事件を予告する。最初は、集団食中毒を起こした会社に対する制裁だった。次はファーストフード店の厨房で不衛生な行為をし、それを動画共有サイトにアップした。この店員の新聞紙の仮面に拉致され制裁を加えられ、その模様も中継された。これに対して、警視庁サイバー対策課のキャリア捜査官吉野絵里香は新聞紙の仮面を付けている彼らを「シンブンシ」と呼び発信元を探すよう命じた。すると、あるネットカフェが浮かび上がった。ここに捜査を集中すると、怪しい容疑者が浮かび上がった。その利用者は「ネルソン・カトー・リカルテ」という名を使用していた。この名を使った予告犯たちは、いずれも格差社会のなか、まともな働き口から排除されていた。彼らのリーダー格の奥田は、元プログラマーだった。彼は派遣で働き、正社員にするという約束が反故にされ、仕事を辞めてしまう。こうして、闇の口入れ屋によって、山奥にある違法な廃棄物処分場に住み込みで4人の若者が投入された。奥田はプログラマーだったことから「ゲイツ」と呼ばれ、元ロッカーの「カンサイ」、元引きこもりの「ノビタ」、太った「メタボ」たちだった。そしてもう一人ネルソン・カトー・リカルテというフィリッピンから自分の父親の日本人を探しにきた若い男だった。彼は渡航費用を得るために片方の腎臓を売っていた。そのため、彼は過酷な労働で死んでしまう。現場監督はカトーの遺体を埋めてしまえというのだ。この対応に思わずメタボが監督を殴ってしまう。その場にいた他のメンバーも日頃の酷い扱いもあり、次々に殴り監督を撲殺してしまった。この後、ロッカーが持っていた青酸カリで皆で自殺しようということなった。そこで、奥田が言い出したのは、カトーが父親捜しに来た国の人間として、彼の思いに応えてやってから死んでもいいのでは、ということだった。そこで始めたのが、予告犯の一連の行動だった。そして予告犯の行動を突き止めた吉野たちのチームだった。こうして、奥田の目論見が明らかになる。それは、ネット中継のなか青酸カリを飲むのだった。そこに駆けつけたのが、吉野だった。
 この作品では、生田斗真が光っていた。グラスホッパーでの中途半端なキャラクターということもあり酷かった。本作では、格差のなかスポイルされた若者たちが一矢報いるというのは、よかった。ただ、戸田恵梨香演ずるキャリア警官がいじめと貧困から東大卒キャリアになったという設定だが、現在の格差はそうした人物を生まないというあたりを出していて、これも面白かった。
 

監督:中村義洋
出演:生田斗真、戸田恵梨香、鈴木亮平、濱田岳、荒川良々

2015年日本映画            上映時間:119分
スポンサーサイト
黄金のアデーレ
 1998年カリフォルニアで小さなブティックを経営するマリア・アルトマンは姉ルイーゼの葬儀で旧友と再会する。彼女の息子は弁護士だというので、依頼したいことがあると伝えた。数日後マリアを訪ねてきたのは若い弁護士ランディ・シェーンベルクだった。彼の祖父アルノルトは有名な作曲家だった。マリアはオーストリア政府がナチスによって略奪された美術品の返還に応ずるという報道を知り、一枚の肖像画の返還を求めたいというものだった。その絵はマリアの愛する伯母アデーレをモデルにしたクリムトの「黄金のアレーレ」だった。かつてマリア一家は、オーストリアに住み、病弱なアデーレ夫妻とともに同じ家に住み、マリアはアデーレに可愛がられて育った。しかし、若くして亡くなったアデーレだったが、第二次大戦が勃発し、オーストリアにナチスが侵攻し、ユダヤ人のマリアたちにも迫害の手が及んだ。家にあった数多くの美術品はナチスに略取されてしまった。ナチスに監視されたなか、マリアは夫とともに両親を家に残して、姉が住むアメリカへと逃れることができた。そんな過去を持つマリアはランディとともにオーストリアに行くことになるが、忌まわしい過去を思い出したくないという思いにかられていた。しかも、オーストリア政府はアデーレの遺言でベルベデーレ美術館に寄贈されたということを根拠に返還応じようとしない。仕方なく帰国した二人だったが、数ヶ月後ランディがあることに気づき、今度はアメリカでオーストリア政府を相手に返還訴訟を起こし、法廷での争いになる。そして、裁判は最高裁での争いになる。国をあげて「アデーレ」を自国に置こうとするオーストリア政府に立ち向かうマリアとランディ。訴訟は長期化の様相を呈してきた。そこで、ランディは再びオーストリアでの調停に持ち込むのだった。
 ナチスの侵攻に際して、当時のオーストリアではナチスに迎合してユダヤ人への迫害に荷担した国民も多くいた。そうした旧ナチス党員が政府の高官になり批判を受けたり、オーストリアの国情も描かれている。結局、絵はマリアの元に返還されるが、こうした経過を手際よくまとめた秀作と言えよう。
 

監督:サイモン・カーティス
出演:ヘレン・ミレン、ライアン・レイノルズ、ダニエル・ブリュール、ケイティ・ホームズ、タチアナ・マズラニー

2015年米・英映画                上映時間:109分
007 スペクター
 冒頭、メキシコシティの「死者の日」という祭りの最中仮装した一組のカップルがホテルの一室に入る。すると、仮面をはずした男はボンドで、女性を一人部屋に残しバルコニーから屋根伝いに移動する。そして、スキアラという男の狙撃をしようとするが、彼らの会話でスタジアムを爆破するという言葉が聞こえる。そこで銃撃戦になる。ボンドは、すんでの所で逃げたスキアラを追うが、彼は手配したヘリで逃走しようとする。ボンドはとっさにヘリに飛び込み、中で格闘後スキアラを外に蹴り落とし一人ヘリで帰還する。ロンドンではMが、ボンドに無許可でメキシコに行っていたことを叱る。そして、Mはボンドに新しい情報部の長官となったマックスを紹介する。ボンドは、マニー・ペニーに今度のメキシコ行きを、亡くなった前任のMからの依頼だったことを告げる。一方、新長官のマックスは「ナイン・アイズ」と呼ばれる、9ヶ国の情報機関にアクセスを可能とする体制を作りろうとしていた。それにより、00セクションは無用のものとなり、MI6をMI5に統合しようとしていたのだ。ボンドはロンドンで謹慎という処分を受けていたが、009の車を無断拝借して、ローマで行われたスキアラの葬儀に参列した。その後、彼の妻と接触し夫が「スペクタ-」という犯罪組織に属していたことを知る。そこで、スキアラのしていたスペクターの指輪を使い彼らの会合に紛れ込む。そこで、全世界から集まった配下から成果を聞いていたボスとおぼしき黒ずくめの男にボンドが潜入したことを見破られ、慌てて逃げ出すボンド。そして、マニー・ペニーに黒ずくめの男フランツ・オーベルハウザーについて調査を依頼する。すると、彼は父親とともに雪崩で遭難して二人とも死亡しているというものだった。そこで、ボンドはかつての宿敵ミスターホワイトに合いに行く。彼はスペクターから抜けようとしてタリウムで毒殺されようとして、隠遁生活を送っていた。ボンドは彼と取引をし、彼の娘を守ると約束する。すると、彼は毒が回った身体で先のないことを自覚していて、そこで自殺する。スペクターの手がかりを知るために、ホワイトの娘マドレーヌと合う。彼女は、心療内科医師となっていた。しかしそこも襲われ、ボンドはマドレーヌを救出してホワイトの残した隠し部屋からスペクターの本拠地の位置情報を入手した。二人は見つけた北アフリカにある本拠地へと向かった。そこで、待っていたオーベルハウザーと再会する。そして、ボンドは彼との浅からぬ因縁を知る。そして、ともに行動しようと誘われるが、きっぱりと断る。すると、彼は現在はエルンスト・スタヴロ・ブロフェルドと名乗ってスペクターの頭目となっていることを告げ、ボンドを殺そうとする。しかも、英国のマックスもナイン・アイズごとスペクターの支配下に入ろうとすることもわかった。そして、最後の決戦が繰り広げられる。
  ダニエル・クレイグの007シリーズの1作「カジノロワイヤル」から2作目「慰めの報酬」3作目「スカイフォール」、そして本作とジェームス・ボンドの半生と彼をとりまく人間模様が今回すっきりと繋がった。ミスター・ホワイトやラウル・シルヴァらもスペクターの一員だったことがわかる。とりわけ、ホワイトはボンドの愛したヴェスパーとの関係もあり、そうだったのかと思った。ともあれ、今回の「スペクター」は旧作の007シリーズで使用されていた名称を、権利関係もあり、使えなかったという。ともあれ、今後の展開どうなるのか、本作で一区切りとなるのだろうか。


監督:サム・メンデス
出演: ダニエル・クレイグ、クリストフ・ヴァルツ、レア・セドゥ、ベン・ウィショー、ナオミ・ハリス、デビッド・バウティスタ、アンドリュー・スコット、モニカ・ベルッチ、レイフ・ファインズ

2015年英映画              上映時間:148分
ハンガー・ゲーム FINAL: レジスタンス
 ハンガー・ゲームの最終章ということで、3作からの続き。カットニスは、身体が回復すると第2地区の戦闘に参加する。そこにはキャピトルの主要軍事施設があるザ・ナットと呼ばれる巨大な山があり、反乱軍は攻めあぐねていた。カットニスと一緒に参戦したゲイルは特殊爆弾でザ・ナットを吹き飛ばそうというのだ。しかし、それは罪もない一般人も巻き込むことになることから、彼らが避難できるように投降するよう呼びかけた。すると、避難してきた人々にカットニスがスピーチを開始すると、中に紛れていた男に狙撃されてしまう。すぐに、基地に戻り治療を受ける。そして、キャピトル襲撃のメンバーには、治療中ということもあり、カットニスは加えられなかった。しかしカットニスは密かに飛行機に乗り込み、現地に到着した。そこで、カットニスは反乱軍の主要メンバーとなるスター分隊451に配属された。しかし、彼らの行く手には、地雷のような兵器ポッドが仕掛けられていた。しかも、これまでにわかっていた場所の他、毎日新しいポッドが仕掛けられるという。そのため、ポッドの存在を示す探知ホログラムを使って前進するのだった。そんな折、ピーターが送られてきた。彼は記憶が戻りつつあったが、まだカットニスへの憎悪が消えていなかった。指揮者のボッグズが負傷した際、ピーターがカットニスを銃で撃とうとしたのだった。カットニスは、ピーターが反乱軍のコイン首相によりキャピタルを打倒した後の選挙で、対抗馬となる可能性がある彼女を先に殺すために送られてきたことを、ヘイミッチとの電話で知るだった。しかし、行く手には様々な苦難が待ち構えていた。果たして、カットニスはスノー大統領を討ち果たすことができるのか。
 最初にこの作品を見たときには、「バトル・ロワイアル」のアメリカ版といった感じで見たが、ジェニファー・ローレンスのりりしさに惹かれた。しかし、ここまで長く引っ張ると最初のころのエピソードも忘れてしまうし、フィリップ・シーモア・ホフマンは急死してしまったりで、そんなに間隔を空けずに公開して欲しかった。とりわけ1年に1作といった形での公開だと前作の内容が大方忘れてしまっている。しかも、「指輪物語」のように先に全エピソードを撮影しておいて、順次公開するといった方式もあり、これではもう撮影してあるのだからせめて半年ぐらいの間隔で見せてほしいものだ。とは言え、最後の戦いといっても、カットニスが民衆を率いて闘うと言うより、つくられた英雄といった感じで、最後はお約束通りという印象だった。

監督:フランシス・ローレンス
出演:ジェニファー・ローレンス、ジョシュ・ハッチャーソン、リアム・ヘムズワース、ジュリアン・ムーア、フィリップ・シーモア・ホフマン、ドナルド・サザーランド

2015年米映画           上映時間:137分
プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。