FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2015/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チャッピー
 2016年南アフリカ共和国の首都ヨハネスブルグでは犯罪が多発し、治安が悪化して多くの警官が殉職するといった事態に悩まされていた。そこで、政府は警官ロボットを世界に先駆けて導入した。この警官ロボットの設計者ディオンという若い技術者で、これらのロボットは人工知能(AI)を備えられ」、悪の掃討作戦は成果を上げていた。しかし、会社側からはそんなものはいらないと拒否されたので、密かに廃棄処分のロボットを持ち帰ることにした。一方、警察ロボットに急襲されたギャング団の一味ヨランディとニンジャとアメリカは、何とか逃げることはできたが、大ボスのヒッポからは金を上納しなければ命はないと脅されていた。3人組のヨランディは、ロボット警官はリモコンで操作されていると思い込み、開発者のディオンを誘拐するようにニンジャに提案する。それで誘拐されたディオンは、ニンジャたちのアジトに連れて行かれた。そこで廃棄ロボットに新しいAIをインストールして、リモコン操作などしていないことを証明する。すると、動き出したロボットは言葉を話し、いろいろと学習していく。その様子にヨランディは母性を呼び起こされ、ロボットをチャッピーと名付けるのだった。一方、ディオンはチャッピーに善悪の概念を教える。だが、ニンジャはチャッピーをギャングにしようと働きかける。こうして、チャッピーの成長が始まる。しかし、廃棄寸前だったチャッピーのバッテリーは4日しかなく、様々な葛藤が展開される。ニンジャの新しいロボットの身体を買ってやるという言葉に乗せられ、チャッピーはニンジャたちの強盗に荷担させられる。そして、ディオンに反感を持っていたムーアによって、警官ロボットが強制停止させられた。それによって、町中のギャングが活動を開始した。すると、ムーアの設計した人間の脳波で動く巨大ロボットが始動する。ディオンは、チャッピーを始動させ、ムーアのロボットと対決する。さらに、そこにはニンジャたちと大ボスのヒッポたちとの戦いも展開する。そして、意外な結末を迎えるのだった。
 映画「her」でのAIは、自立したAIがネットに繋がり自らをより多くの情報を収集し吸収していく。一方、「トランセンデンス」では人間の脳をコンピューターにデータとして移していくという状況が描かれた。ただ、本作では、感情までもロボットのハードディスクにAIとしてインストールするといったものだ。ただ、この作品では、人間の子どものように学習しながら様々な技能、知識、芸術性などを獲得していく。ここが画期的に違った。そうは言っても、現実にはihoneやWindos10にもAIが組み込まれていようだ。こうした人間の制御がされないAIはかのホーキング博士が指摘しているように、人間を凌駕する可能性を秘めているのは、間違いようだ。こうした点はあまり触れず、子育ての環境などにスポットをあてて描かれているようだ。
 

監督:ニール・ブロムカンプ
出演:シャールト・コプリー、ヒュー・ジャックマン、デーヴ・パテール、シガニー・ウィーバー

2015年米映画                 上映時間:120分
スポンサーサイト
ポイントブランク ~標的にされた男~
 仏映画「この愛のために撃て」のリメーク作品。冒頭、ヨフンは弟ソンフンとともに、依頼された仕事の現場に夜出向いた。それは、単にあるものを預かって、依頼者に渡すというものだった。ところが、その会社の代表者は殺されていた。そして、二人の兄弟も何者かに撃たれてしまう。ソンフンは何とか逃げたが、ヨフンは執拗に追われた。しかし、元傭兵のヨフンは腹を撃たれながら、道路に飛び出して、倒れたところを通行人に発見され、病院に搬送された。担当の医師テジュンに電話が入る。それは、テジョンの妻ヒジュを誘拐したので、ヨフンを病院から連れ出せというものだった。しかし、病院にはすでに地元中部署のヨンジュ刑事たちが入っていた。ところが、このヨンジュたちに対して、署長は広域捜査隊班長ギチョルに捜査を任せるという。そして、この警察の監視をかわして、ヨフンを病院から連れ出したテジョンだった。しかし、妻を誘拐したのがソンフンだとわかり、ヨフンは単独で行動し始める。ところが、広域捜査隊に追い詰められたヨフンとテジョンだったが、ヨンジュと連絡を取り合流しようとするのだが、ギチョルの驚くべき正体が明らかになる。そして、ヨンジュが殺され部下のスジンはヨフンを疑い、後を追う。すると、ヒジュを監禁していた場所にたどり着いたヨフンとテジョンは惨殺されたソンフンの姿を発見する。ヒジュはギチョルたちに連れて行かれたのだった。その後、警察権力を背景に一連の事件の犯人としてヨフンを祭り上げようとしていることが明らかになり、ヨフンはギチョルがいる警察にむかうのだった。
 リメークとは言え、ノンストップのジェットコースター的アクションの展開に目を離せなかった。韓国版FBIのような組織広域捜査隊は権力が集中していて、ラストでは大統領府との関係までほのめかすような場面があった。とは言え、こうした暴力装置を背景にした利権あさりはけっこう大胆なものと思えた。代々引退後の大統領の側近や家族の腐敗が次の政権から告発されるのをよく見聞するが、こうしたあたりが下敷きになっているのだろう。ともあれ、アクションは、けっこうはちゃめちゃだけど、面白かった。


監督:チャン・カムドク
出演:リュ・スンリョン、イ・ジヌク、ユ・ジュンサン、キム・ソンリョン、チョ・ヨジョン、チン・グ、チョ・ウンジ

2014年韓国映画                  上映時間:102分
0.5ミリ
 介護ヘルパーの仕事をしている山岸サワは、派遣先の片岡家でもうおじいちゃんの先行きがあまりなさそうなので、最後に一度だけ添い寝をしてやって欲しいと頼まれる。家には雪子と父親昭三、息子のマコトの3人家族だった。夜サワは昭三の布団の隣で寝た。すると、すっかり性欲に支配されて、サワに襲いかかる。すると、石油ストーブを蹴飛ばし火を出してしまう。慌てて、雪子を呼ぶが,彼女は首を吊って自死していた。サワはこの件で会社を解雇されてしまい、住むところもなくなった。そこで、町で知り合った高齢のじいさんのところを転々とする。最初は、孤独な生活から自転車を盗んだりタイヤに穴を開けたりしていた。そこに、転がり込んだサワはこの孤独な老人茂が詐欺にあおうとするのを助ける。結局、茂は介護施設に入居することになり、お礼に彼から117クーペをもらった。次に、元教師の真壁義男の家に転がり込んだ。彼には寝たきりの妻静江がいた。彼女のケアは通いのヘルパー浜田が世話をしていたが、サワが静江の面倒も見ながら、義男の身の回りの世話もするのだった。しかし、あまりに義男がサワに傾倒するので、義男の姪の久子に連絡をとるのだった。そして、再び家をでたサワは片岡マコトと再会する。現在は実父の健と同居していた。そこで、サワはそこに入り込むことになる。すると、父とそりの合わないマコトのある秘密が暴露される。こうして新たな展開を迎える。
 上映時間196分という3時間超えの長さである。しかも、主役は安藤サクラ、彼女の義父・柄本明、同じく義母・角替和枝も共演している。さらに監督は安藤桃子ということで、ファミリーの勢揃いといった感じだ。ただ、エピソードが長すぎるという思いはある。坂田利夫とのからみはもう少し短くし、津川雅彦とのからみも短く出来るのではないだろうか。そして、マコトが性同一性障害という状況までも盛り込んでしまったのも長くなった一因だろう。たんたんと高齢者の介護をするサワの事情は、出身が長野と言うことぐらいでほとんど説明されないものの、内容は安藤サクラの好演もあって、なかなかよかった。
 

監督:安藤桃子
出演:安藤サクラ、津川雅彦、坂田利夫、柄本明、角替和枝、木内みどり、浅田美代子、草笛光子

2014年日本映画      上映時間:196分
クロッシング・ウォー 決断の瞬間
 2002年から11年間にわたり、アフガニスタンに駐留していたドイツ連邦軍の物語。主人公のイェスパーはドイツ連邦軍の将校で過去に駐留していたが兄もまた駐留軍に従軍中に自爆テロに巻き込まれて戦死していた。そのことが、頭から離れず2度目のアフガンに志願してやって来た。そもそも、連邦軍は「アフガン市民をタリバンから守る」ということを目的にしていた。イェスパーは駐留本部から、反タリバンのある村に駐留するよう命令された。これにともなって通訳にタリクを随行することになった。彼の父親は反タリバンで殺されていた。現在は大学生の妹ナラと二人で暮らしていた。そして、タリク兄弟は現在もタリバンから狙われていた。そのため、外国に出国しようとビザ申請をするのだが、具体的に身辺に危険がおよんでいるということを証明されなければならず、却下されてしまった。こうして、イェスパーの率いる部隊は村に入った。しかし、積極的な攻撃は出来ない決まりなので、村の自警団が村民が殺された報復に夜間に出動しようとするが、本部からはストップがかかってしまう。このように、村民を守るということを前提にしているが、なかなか村民たちとの相互理解が深まらない。こうしたなか、通訳タリクの妹ナラの身辺にまで危険が迫っているため、タリクは彼女をオートバイに乗せて村に向かっている最中に撃たれてしまう。イェスパーは駐留本部に問合せ、ナラの緊急手術をしてくれるように依頼した。ところが、本部はこれを拒否する。仕方なく、イェスパー本人がナラとタリクたちをトラックに乗せて本部の病院に向かった。イェスパーは後の指揮は副官に任せて村を出発する。
 現在、安倍政権は戦争法案の審議に入った。この先、これらの戦争法案がなし崩し的に強行に通そうとしている。この映画は、積極的な海外駐留をおこなったドイツの状況を描いている。この作品を観れば、やはり現在の戦争法案は絶対に通してはいけないという思いを強くしてしまう。作品中、アフガンの現地の人がドイツ兵に対して、「あなたがたは、勝手に我々の国にやって来て、あなた方の価値観で判断したものの見方考え方を押しつけようとするが、それは受け入れがたい」と言っている。そんななかで、「アフガン市民をタリバンから守る」という大義名分の成立が難しい状況ということを痛感させられた。

監督:フェオ・アラダグ
出演:ロナルト・ツェアフェルト、ムスフィン・アハマディ、サイダ・バルマキ


2014年独映画       上映時間:103分
あの日の声を探して
 1999年ロシアは第2次チェチェン侵攻をおこなった。彼らは、チェチェンの村に入り込み、住民たちをテロリストとして虐殺した。家に隠れていた9歳のハジは、両親が殺されるの見て、乳飲み子の弟を抱いて家を出た。ハジの姉ライッサは、何とか助かって家に戻ってきたが、弟たちがいないので、知人の家に匿われた。ハジは、弟をチェチェン人の家の前に置いて、通りかかったチェチェン人の避難トラックに乗せてもらい、何とか戦地を逃れることが出来た。一方、姉のライッサも赤ん坊の消息を聞き、弟を連れに行き、そのまま避難することになる。ハジは、赤十字の孤児支援施設に預けられが、両親を殺されたショックから、言葉を発することが出来なくなっていた。不安定な精神状態のため、そこから一人で逃げ出し、町で出会ったEUの人権委員会のキャロルに助けられた。そうした中、キャロルの優しさに次第に心を開いていくハジ。一方、ライッサも弟とともに赤十字の孤児の支援施設に保護された。彼女は英語が話せたので、赤十字の代表ヘレンと話をする。すると、ヘレンはハジがここに来たことを覚えていて彼女に伝えた。そこで、ライッサはここにいる孤児たちの面倒を見ながら、ハジの行方を捜すことにする。
 ところで、ロシア軍の兵士コーリャは、19歳で普通の若者で、マリファナ所持が見つかって強制的に兵役に着くことになった。しかし、兵士の訓練は、旧日本軍のそれと同じように、上からの理不尽な暴力そのものが横行している。そこで、人間性を喪失し、戦地では皆テロリストとして、即断で殺戮をしていく。EUのキャロルが、こんな戦争は後生に禍根を残し憎しみの連鎖が続くと指摘する。その通りだと思った。一方、現在のウクライナの状況もこの映画と同じように、親ロシアとの民族間の戦争状態が続いており、思いがウクライナの状況にも及ぶ。
 ところで、日本では、安倍政権が戦争法案を閣議決定し、戦争遂行体制を完遂させようとしている。こんな状況下、いかなる戦争であっても、犠牲となるのは民衆であることは言うまでもない。阿部の戦争という言葉を巧みに「平和」というわざとらしい修辞を加え、ごまかそうとするいかがわしさには辟易としてしまう。を訴えている。いまこの時期、見るに値する作品といえよう。  


監督:ミシェル・アザナヴィシウス
出演:ベレニス・ベジョ、アネット・ベニング、マキシム・エメリヤノフ、アブドゥル・カリム・ママツイエフ、ズクラ・ドゥイシュビリ

2014年仏、ジョージア映画 上映時間:136分

続きを読む

エクスペンダブルズ3   ワールドミッション
  冒頭、エエクスペンダブルズのメンバーは、かつての仲間ドグをスワジランドから救出する。その後、次の任務で武器の密輸組織のリーダーのミンズを殺害することになる。この作戦中、ヘイルが撃たれる。バーニーはミンズがかつての仲間ストーンバンクスだということに気づくが、作戦は失敗し撤収する。この作戦の担当のCIAのドラマーからバーニーは叱責されえる。しかし、バーニーはストーンバンクスが死んだものと思っていたが、今では武器の密輸組織のリーダーとして絶大な力を持っていた。バーニーはヘイルが重傷を負って意識不明の状態であり、因縁のあるストーンバンクスを生きて捕らえよという命令が再度下されるなか、新たな決心をする。それは、もう若くない古いメンバーにこれ以上危険な目に遭わせたくないという思いから、新たなメンバーで今回にミッションをおこなおうと決意した。そして、かつての仲間であるボナパルトに依頼し、新メンバーを集めた。こうして、元アメリカ海兵隊員・スマイリー、天才ハッカー・ソーン、優秀な射撃手・マーズ、接近戦のプロの女戦士・ルナの4名を雇うことにした。新エクスペンダブルズは、トレンチの協力でルーマニアに行き、ストーンバンクスを急襲する。ところが、彼の手下に若いメンバーは拉致されてしまう。ストーンバンクスから送られたビデオから、彼らがアズメニスタンにいることが判った。そこで、バーニーは若いメンバーの救出とストーンバンクスを捕らえる作戦を練る。すると、古いメンバーのクリスマス、ガンバー、トール、ドクらが集まってきた。CIAのドラマーもかつてエクペンタブルズのメンバーだったトレンチとイン・ヤンを雇って、この作戦に参加する。こうして、古いメンバーたちでアズメニスタンに向かい、この国の軍隊も動員されてくるなか、戦いが始まる。すると、個人的にCIAのドラマーまでもヘリを駆って実行部隊に加わる。こうして、エクスペンタブルズとストーンバンクスたちとの死闘が繰り広げられる。
 主演のシルベスター・スタローンはこのエクスペンタブルズに出演するアクションスターたちが、ある程度年齢を重ねると映画出演の機会が激減するという現実を踏まえて、彼らに仕事の場を与えるために、このシリーズをプロデュースしたという。そういう意味で、内容はこれまでとそんなに変わらないものの、久しぶりにメル・ギブソンを見ることができたのだと思った。これも、スタローンの体力が続く限り続くのだろうか。


監督:パトリック・ヒューズ
出演:シルヴェスター・スタローン、ジェイソン・ステイサム、アントニオ・バンデラス、ジェット・リー、ウェズリー・スナイプス、ドルフ・ラングレン、メル・ギブソン、ハリソン・フォード、アーノルド・シュワルツェネッガー


2014年米映画                     上映時間:126分
オー!ファーザー
  知代は、かつてホストの葵、大学教授の悟、体育教師の勲、ギャンブラーの鷹ら4人の男とつき合っていて妊娠し、男の子を産んだ。4人は、知代と別れるくらいなら、子どもの父となると宣言し、一軒の家でともに暮らすことになった。息子の由紀夫は、4人の父親から、それぞれの得意分野について教え込まれ、現在高校生になっていた。ある日、由紀夫に好意を持つ多恵子が彼の家を訪ねて、この複雑な家庭環境を知った。由起夫と多恵子が高校からの帰途、ガラの悪い男に呼び出された。すると、由起夫の幼なじみの鱒二が捕まっていた。由起夫は、子どもの頃、格闘技マニアの勲から習った必勝法でチンピラを打ちのめし、3人でそこから逃れた。一方、この町では県知事選挙の真っ只中で、赤羽と白石の二人の候補が争い、マスコミから紅白決戦と呼ばれていた。そんな中、裏社会を支配する富田林の経営するゲーセンの競馬に、鷹に誘われて由起夫と多恵子が行く。由起夫は、そこで富田林の部下が持っていた鞄がある男にすり替えられた現場を目撃した。由起夫は男を追うが、鞄はもう一人の男に手渡されたしまう。仕方なく、最初に鞄をすり替えた男を追うと、鱒二がチンピラに追いかけられてきた。仕方なく鱒二と逃げて、男の追跡を諦めた。しかし、鱒二はチンピラに脅され、富田林からある仕事を頼まれるが、寝坊して約束を果たせなかった。こうしたことには、厳しい富田林。鷹との関係で、昔からの顔なじみになってはいるが、それでいいとは言わない富田林。由起夫は富田林が、振り込め詐欺に引っかかったという噂を聞いていて、犯人はクラスで最近不登校になった小宮山という生徒が関係しているのではないか思い、彼のマンションを訪ねた。ところが、そこには男女3人組の殺し屋がいた。かれらは、ある事情からこの部屋が必要だったのだ。由起夫は小宮山親子とともに監禁されてしまう。家には、携帯電話で連絡するが4人の父親たちは息子の身に危険が迫っていること察知する。そして、悟がテレビのクイズ番組「クイズマスター」に出演し、由起夫には鱒二が出場するからと観るようにと、多恵子から電話させた。こうして、由起夫の救出に向けたプロジェクトが開始された。
奇抜な設定になっており、4人の父親たちは、けっこうおばさんになっている知代に今でも惚れている。残念ながらこの母親知代は、携帯電話を置き忘れて出張に行ってしまったりして、思わせぶりなのだが画面には一度も登場しない。4人の父親たちが、由起夫の子どもの時からそれぞれの愛情を一杯注ぎ育ててきたあたりが、うまく出ている。原作が伊坂幸太朗ということもあり、軽妙で面白く出来ている。ただ原作者がキャストについて、これでいいと言っているらしいが、主役の岡田将生と忽那汐里はまあまあいいとして、4人の父親は佐野史郎以外の3人は、もう少し工夫しても良かったと思う


監督:藤井道人
出演:岡田将生、忽那汐里、佐野史郎、河原雅彦、宮川大輔、柄本明

2013年日本映画                上映時間:102分

続きを読む

薄氷の殺人
 1999年中国華北省の地方都市で、バラバラ殺人事件が発生する。死体は、省内の複数の都市にある石炭工場から発見された。一方、この事件を担当するジャン刑事は妻と離婚することになった。未練たっぷりのジャンの手元に残ったのは離婚証明書だった。そして、殺されたのはリアン ジージュンという男だということが、発見された身分証からわかった。さらに、死体を運んだのは運転手のリウ兄弟だと目星をつけ彼らに事情聴取をするため、任意同行を求めに行く。すると、彼らがいきなり隠していた拳銃で刑事二人を射殺する。そこで、ジャンがリウ兄弟を射殺するが、彼も撃たれてしまう。そして、このことが元でジャンは刑事を辞め、保安員として務めることなるが、生きがいも失せ酒浸りの日々を過ごしていた。2004年冬この町で再び、2件のスケート靴を履いた足が発見されるという事件が発覚した。ジャンはかつての刑事仲間のワンから2004年の事件でも、最初の事件の被害者の妻ウー・ジージェンとの関係を聞かされた。今回の被害者たちは、ウーにつきまとっていた。ウーは、夫が殺された時から現在も同じ個人のクリーニング店に勤めている。ジャンは客としてこの店に出入りし、店の主人からウーの身の上話を聞き出し、ウーに近づく。事件の真相を調べようとして、彼女を郊外の野外スケート場に誘う。しかしそこで、ウーへの想いが抑えきれなくなり、彼女を氷の上に押し倒す。そこに突然ワン刑事の声が聞こえてくる。ワン刑事もまたスケート場を見張っていた。ワンは、スケート場の帰り道、怪しい男を拘束するが、逆に殺されてしまう。ジャンも調べるうち、怪しい男を尾行する。そして、男がバラバラにした死体を、石炭の貨物列車の上に投下する現場を現認する。そこで、ジャンはウーに真相を問いただす。すると彼女から、実は夫は死んではいなくて、身を隠しながらウーを見守り、彼女に近づいた男を殺したというのだ。最初の事件は、夫が強盗に入ろうとして逆に殺したというのだった。ウーはジャンに話したことを警察にも告白したため、二人を見張っていた警察はリアンを射殺してしまう。それでも、ジャンは腑に落ちず、5年前からクリーニング店に置き放しになっている革のコートが気になった。そこから、もう一つの真相にたどり着く。
 主人公の元刑事は中年で喜怒哀楽が激しく、時に暴力的で、お世辞ににもカッコいいとは言えない。一方の女性ウーも憂いを秘めているようにも思えるが、感情の変化はほとんどなく、そんなに美人でもなく、あまり気持ちが惹かれない。ディアオ監督は様々な技巧を駆使して物語を際立たせている。野外スケート場はバックグラウンドの音楽は西洋的だが、夜間の照明は暗く寒々しく感じる。この場所にジャンがウーを誘い、氷の上に押し倒しての初キス。ウーのよく知っているクラブ「白昼の花火」のネオンサインだけが目立つ地方都市を、閑散とした観覧車から、眺めウーの犯罪を告白させ、関係を結ぶ。そして、再び自分が一人になった寂しさを奇妙なダンスで紛らわす。そして、ラストの事件現場の検証で、向かいのビルから白昼に花火を連続して打ち上げる場面とウーの涙に象徴された愛のかたちが印象的だ。
 

監督:ディアオ・イーナン
出演:リャオ・ファン、グイ・ルンメイ、ワン・シュエビン、ワン・ジンチュン、ユー・アイレイ


2014年中国、香港映画              上映時間:106分
プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。