FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2014/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
劇場版SPEC〜結〜爻ノ篇
SPEC最終章。元々テレビドラマだったものが、映画で続編、最終版という典型的なもの。ちょうど前作の続きから始まる。それは、まず湯田がクローンだったということから突き止める。当麻の父と同窓ということで、東大のサーバーに入った当麻はトウダという名はなく、湯田=ユダだということことを突き止める。そして、湯田がいる警察病院のバナナ医師に電話するがその時は、すでに遅く湯田がバナナ先生に乗り移り、無菌室に潜入した。まず大人のSPECホルダーたちを皆殺しにしてしまう。その後、子どものSPECホルダーたちが隔離されてる部屋に行き、シンプルプランウィルスをまき散らす。その直後当麻たちが到着する。子どもたちの部屋に入った当麻も感染してしまう。一方、厚木基地周辺のサブアトラス会議場に現れた湯田は、各国から集まった代表にSPECホルダーを殲滅した事を報告した。しかし、サブアトラス会議の参加者からはやり過ぎだと叱責される。すると湯田はSPECホルダーはお前ら人間よりも我々の仲間なのだから、殺して輪廻の部屋に回収しただけだと言い放った。
そして、当麻は子どもまでも殺されたことに怒り、specを使いカラスとともに厚木基地に向かった。そして、厚木基地周辺で大爆発がおこった。それを警視庁の屋上で見ていた瀬文と吉川。そこにセカイと閏がやって来た。ここで、湯田も加わり当麻と対決する。閏はこれで核戦争が起こるのねと言う。核を持っている国がそれぞれ核ミサイルを撃ってしまったというのだ。それに対して、当麻は蘇させたSPECホルダーを使って、それを阻止している。しかし。セカイによって、彼らは次々に殺されていく。
こうして、セカイは当麻の身体に入り込み、セカイによる制覇を狙っていた。これに対して当麻は瀬文に自分を撃てと言うのだった。
これで、最終というのだが、内容的にはけっこうコアなファンでなければ、ファティマの予言とかガイアとかソロモンの鍵が出てくるかと思えば、八咫烏も出てきて、あまり理解ができないと思った。この作品は小ネタの積み重ねに人気があったもので、やはり映画化するまでもなかったと改めて思った。


監督:堤幸彦
出演:戸田恵梨香、加瀬亮、北村一輝、栗山千明、向井理、大島優子、竜雷太

2013年日本映画     上映時間:91分
スポンサーサイト



プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -